« 自分の自信と周囲の評価 | トップページ | 嫌いな言葉 »

2013年11月23日 (土)

「私」と「役割」の距離

私自身、熱くなりやすい性格です。

仕事でもスポーツでも趣味でも。。。何でも。

現在まで、「鬱」と泥沼の格闘をしてきたのも
そういう性格的な要因が少なからずあると感じていました。

閑話休題。

先日、読んでいた本に
「自分の感情、考え、欲求、行動、自分の役割と距離を持つ」
ことの大切さを説明した内容がありました。

内容的には以下のような感じです。

私 は 社長
私 は 先生
私 は 会社員
私 は 男

社長~男までは「役割」であって「私」とイコールではありません。
仕事人間と言われる人たちは、その役になりきることによって
高いパフォーマンスを発揮していると思います。
しかし、「私」と「役割」との「距離」が持てないでいると、
冷静な目で自分が選択した「役割」を評価することが
できなくなってしまいます。

同じ事が「自分の感情、考え、欲求、行動」にも当てはまります。

感情と一体化してしまっている人は、
感情の浮き沈みにコントロールされています。


本で良かったです。
真正面から言われたら、
その通りでも感情的になっていたでしょう。(笑)

最近、出社する時、帰宅する時、何かを始める時、
その「役割」をON/OFFするという意識を持つように心がけています。

以前から公私の切り替えが下手だったのですが、
少しはマシにしたいと思ってのトライです。
これを継続して、
もう少し客観的な視点を持てるようになりたいと思います。

ではっ、「Take care of yourself.」 (^^♪

・ ・ ・ ・ ・ ・ Repacking My Bags ‥‥……━★
人気メンタルブログランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

|
|

« 自分の自信と周囲の評価 | トップページ | 嫌いな言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の自信と周囲の評価 | トップページ | 嫌いな言葉 »