« ピンチ脱出か!? & 通院日(2/4) | トップページ | ペースを守る難しさを感じています。 »

2011年2月 5日 (土)

【読書】さぁ、才能に目覚めよう

勝間和代さんが自身の著書で広く紹介したことで、より有名になった本です。

弱点を克服するより長所を伸ばすことに注力した方が良いという内容です。なぜ強みを知りそれを伸ばすのが大事なのか、34タイプの強味の解説、ストレングス・ファインダーの解説等が書かれています。

一番の売りは、34の強味の中から自分の5つの強味を調べることができるストレングス・ファインダーのIDがついていることです。

ストレングス・ファインダーはネット上で行うテストです。2つの文章が出てくるのでそのどちらが自分に当てはまるかを選び、20秒以内に選択します。
例:「使用説明書をよく読む」「いきなり物事に取り組む」
これを180問行います。
テストは1IDにつき1回のみ実施できます。

ということで、この本を古本として買うとテストができない可能性が高いです。私も古本で買いましたが\105だったので、ダメージは少なかったです。本屋さんのものより、アマゾン等の通販の方が安心だと思います。(本屋で買ってIDが使えなかった人もいる)
もし、古本で買ってしまった場合は、同じ本を買いなおす(\1,680)より、「心のなかの幸福のバケツ」(\1,365)という本を買うことをお勧めします。こちらの本にもIDがついています。こちらの方が安いですし、違う本を読めるのでお得です。(^^♪

私の場合の結果は続きにアップします。(長いので)
昔からの友人が見たら、たぶん爆笑だと思います。
すごく当てはまっています。
なにせ、強みというより自分では欠点と思っている部分なので。。。
単に負けず嫌いで理屈っぽい目立ちたがり屋さんです。(^_^;)
でも、これを強味として利用するという発想は良いのかもしれません。

にほんブログ村 トラコミュ メンタル不調からの社会復帰へ
メンタル不調からの社会復帰
にほんブログ村 トラコミュ うつ病のひとりごとへ
うつ病のひとりごと

________________________________________R_e_p_a_c_k_i_n_g___M_y___B_a_g_s_____ 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ   
v(^_^) ブログへの訪問、ありがとうございます。 (^_^)v

分析思考
分析思考という資質を持つあなたは、他の人に「証明しなさい。あなたの主張がなぜ正しいのか示しなさい」と強く要求します。このような詰問を受けると、自分の素晴らしい理論がもろくも崩れ落ちるのを感じる人もいます。これがまさしく、あなたの意図するところです。あなたは必ずしも他人のアイデアを壊したいわけではないのですが、彼らの理論が堅固であることを強く求めます。あなたは自分自身を、客観的で公平であると考えています。あなたはデータを好みます。データは人々の考えに左右されず、ありのままだからです。あなたはデータを見ると、パターンと関連性を捜し出します。一定のパターンが互いにどのように影響するのか、どのように結びつくのか、結果はどのようなものかを理解しようとします。そしてその結果が、提示されている理論や目の前の状況にふさわしいかどうかを知ろうとします。これがあなたのやり方です。あなたはこれらの点を一つずつ明らかにして、根本的な理由を探し当てます。人はあなたのことを論理的で厳格であると見ます。その人達は、いつかあなたのところにやって来て、誰か他の人の「非現実的な考え」あるいは「整理されていない考え」を話し、あなたの研ぎ澄まされた思考から見た考えを聞くでしょう。あなたの分析結果を伝える時、できれば決して厳し過ぎないようにしましょう。さもないと、その「非現実的な考え」が彼ら自身の考えである場合、その人はあなたをわざと避けるようになります。

競争性
競争性の根源は比較することにあります。世の中を見渡すとき、あなたは直感的に他の人の成果を気にしています。彼らの成果は究極の評価基準となります。あなたがどれほど頑張っても、あなたの目的がどれほど価値のあるものであろうと、競争相手を超える出来映えで目標に到達していなければ、その成果が無意味に感じられるのです。競争性の資質を持つ人は、誰もが競争相手を必要としています。あなたは比較することを必要としています。比較することで競争ができ、競争すれば勝つことができるからです。そして、勝った時それに勝る喜びは全くありません。あなたは測ることを好みます。それは、比較を可能にするからです。あなたは競争相手を好みます。なぜなら、彼らはあなたを奮い立たせるからです。あなたはコンテストが好きです。コンテストには必ず勝者がいるからです。特に、勝つ可能性が高いと分かっている時、あなたはコンテストを好みます。あなたは負けた時に、競争相手には礼儀正しく、感情を外に出しません。あなたは単に楽しむためだけに競争はしません。勝つために競争するのです。長い目で見ると、勝つ見込みがなさそうな場合は、コンテストを避けるようになるでしょう。

学習欲
あなたは学ぶことが大好きです。あなたが最も関心を持つテーマは、あなたの他の資質や経験によって決まりますが、それが何であれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。あなたは何も知らない状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することで活気づけられます。最初にいくつかの事実に接することでぞくぞくし、早い段階で学んだことを復誦し練習する努力をし、スキルを習得するにつれ自信が強まる――これがあなたの心を惹きつける学習プロセスです。あなたの意欲の高まりは、あなたに社会人学習――外国語、ヨガ、大学院など――への参加を促すようになります。それは、短期プロジェクトへの取組みを依頼されて、短期間で沢山の新しいことを学ぶことが求められ、そしてすぐにまた次の新しいプロジェクトへに取組んでいく必要のあるような、活気に溢れた職場環境の中で力を発揮します。この「学習欲」という資質は、必ずしもあなたがその分野の専門家になろうとしているとか、専門的あるいは学術的な資格に伴う尊敬の念を求めていることを意味するわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。

自我
あなたは、他人の目にとても重要な人間として映りたいのです。もっとはっきり言えば、あなたは認められたいのです。あなたは聴いて欲しいのです。あなたは目立ちたいのです。あなたは知られたいのです。具体的には、あなたの持ち前の強みによって人に知られ、評価されたいのです。あなたは、信頼でき、プロフェッショナルであり、そして成功している人として、尊敬されたいと感じています。同時に、あなたは信頼でき、プロフェッショナルで、成功している人とだけつきあいたいのです。もしそういう人でないと、あなたは彼らがそうなるまで圧力をかけるでしょう。彼らがそうならないなら、あなたは彼らを置いて先へ進むでしょう。独立心の強いあなたは、仕事を単なる仕事そのものではなく、自分の人生そのものにしたいと考えています。そしてその仕事の中で、好きなようにやらせて欲しい、又は自分のやり方でやるための余地を与えて欲しいのです。あなたのこのことに対する熱い思いは非常に強く、あなたはこれらを実現しようとします。ですからあなたの生活は、強く求める目標、成果、地位であふれています。何に焦点を当てていようとも――一人によって異なりますが――あなたの「自我」という資質は、中途半端から優秀な状態へとあなたを向上させ続けます。これが、あなたをより向上させ続けている資質なのです。

回復志向
あなたは問題を解決することが大好きです。さらなる困難に遭遇するとうろたえる人もいますが、あなたはそれによって力を与えられます。あなたは症状を分析し、何が悪いのかを突き止め、解決策を見い出すという挑戦を楽しみます。あなたは現実的な問題を好むかもしれないし、抽象的な問題、あるいは個人的な問題を好むかもしれません。あなたはこれまでに何度もぶつかって、解決できる自信がある分野の問題を探し求めるかもしれません。あるいは、複雑で馴染みのない問題に直面したとき、あなたは最もやり甲斐を感じるかもしれません。あなたが実際に何を好むかは、あなたの他の資質や経験によって決まるでしょう。しかし確実に言えることは、あなたは物事に再び生命を与えることを楽しんでいるということです。底に潜む要因を明らかにし、その要因を根絶し、物事を本来あるべき輝かしさへ回復することを素晴らしいと感じるのです。もしあなたの介入がなかったら、たとえばこの機械は、この技術は、この人物は、この会社は、機能を停止してしまった可能性があると本能的に分かっています。あなたがそれを直したのです。それを蘇生させ、活気を取り戻させたのです。あるいは、あなたらしい表現で言えば、あなたはそれを救ったのです。

ではっ、「Take care of yourself.」 (^^♪

にほんブログ村 トラコミュ メンタル不調からの社会復帰へ
メンタル不調からの社会復帰
にほんブログ村 トラコミュ うつ病のひとりごとへ
うつ病のひとりごと

________________________________________R_e_p_a_c_k_i_n_g___M_y___B_a_g_s_____ 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ   
v(^_^) ブログへの訪問、ありがとうございます。 (^_^)v

|
|

« ピンチ脱出か!? & 通院日(2/4) | トップページ | ペースを守る難しさを感じています。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンチ脱出か!? & 通院日(2/4) | トップページ | ペースを守る難しさを感じています。 »