« 動揺!? 緊張!?・・・そしてその後 | トップページ | 通院日(1/8) »

2010年1月 7日 (木)

復職のハードルの高さ

たぶん、普段の生活の私は、かなり普通になってきたんだと思います。主治医もそれを見て、復職に向けたステップを踏んでいくようにと指導してくれているのだと思います。

しかし、自分にとって復職のハードルは以前よりも断然高いものに感じられます。

昨日は、久しぶりの会社へ行くにあたり昼食も食べられないほどの緊張感を感じました。そして、今日はかなり激しく「焦燥感」と「不安感」に襲われています。今日も食欲ナシです。(>_<)

一昨年の12月に復職した時は、体力的にも回復してリハビリも自分なりにしっかりやって、かなり自信(確信)を持った復職でした。途中、転院などの予期せぬ出来事があったとはいえ、再度、休職になったことは大きなショックでした。

そして、今回・・・
体調も回復してきて、復職の話しも現実味を帯びてきました。

しかし、復職に対し自信が全く持てません。
それどころか、自分が復職するイメージすら持てていません。
とにかく「怖い」です。
前回、やることはやったという手応えを持って復職してダメだったことで、自分でやるリハビリのやり方に限界を感じていて、何をどういうステップで行えば良いのか?思い悩んでいます。

一方で、どんどん復職方向に話しが進んで行く・・・
「焦燥感」と「不安感」に繋がっているようです。

主治医と認識を合わせてきたつもりでしたが、自分の本当の不安点を伝えられていなかったなと反省しています。

昨日、友人から「うつ病リワーク」の資料をもらいました。
感謝です。<(_ _)>
こういったプログラムがあることは知っていましたが、どんな内容なのかも知らないままでした。資料を見て、自分一人でリハビリを進めるより、こういったプログラムを利用する方が効果的だし、今の自分に必要だなと思いました。

さっそく、最寄の施設に問合せをしましたが、次回のプログラムは予約で一杯とのことでした。残念です。需要が高いんですね。(^_^;)
今日がお休みの施設もあるので、明日以降、他の施設にも問い合わせてみようと思います。
うまいタイミングのプログラムがあるかはわかりませんが、自分一人で抱え込まずに、色々と解決策を探したいと思います。

明日の通院では、復職に対するハードルの高さの認識合わせと「復職支援プログラム」等を含めたリハビリ方法について主治医とよく相談しようと思います。
復職の時期がズレても自信を持って戻りたいですし。

このブログを読んでくれている方も感じていたかもしれませんが、今の自分の状態の危うさ(不安定さ)を改めて感じました。
ホントに難しい病気です。。。

ではっ、「Take care of yourself.」 (^^♪

________________________________________R_e_p_a_c_k_i_n_g___M_y___B_a_g_s_____ 
下記のランキングに参加しています。
↓↓↓の3つバナーを応援クリックしてくれたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
 
よろしくお願いします。  o(^-^)o

|
|

« 動揺!? 緊張!?・・・そしてその後 | トップページ | 通院日(1/8) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

周りに追いたてられている気分なのでしょうか?
お辛いと察します。
主治医に本音をぶつけて、不安の本当の根っこを見つめる時間をもらえるとよいですね。
うつのリハビリは心身のリハビリ、オーダーメイドの内容・進展だと思います。
不安感が少しでも和らぎますように。
以下は私の状況で、長文なので、興味がひかれたら読み流してください。
私の現時点のリハビリで、治まらない頭痛&疲労困憊。ペースオーバーと実感してます。明日診察日なので正直に話します。

◆既にお読みかもしれませんが、『うつからの職場復帰のポイント』という本があります。(秀和システム)
一人リハビリやリワークについての記述もあります。
◆リワークに通った人のブログで脳トレドリルの利用などを知りました。
◆私はSE職なので、復職後の自分の方向性、戦略の参考に『誰も書かなかったSEサバイバルガイド〜やりたいことしかやらない悪魔の流儀〜』(技術評論社)を読み始めました。
◆一人リハビリの私はそれらを参考にしながら進めています。
抑欝状態、パニック発作の他、強迫障害もあるため日誌を付けない方が良いと言われています。
どうか自分の心の小さな声に耳に傾けてください。

投稿: ちっち | 2010年1月 7日 (木) 21時58分

ちっちさん、コメントありがとうございます。<(_ _)>

普段の私は、周囲で見ているとかなり回復しているように見えるようです。
嫁さんも会社に面談に行くだけで、昼食が食べられなくなるほどプレッシャーを感じるようには見えなかったと言っています。
嫁さん曰く「私がわからないのだから、主治医の先生は調子が良いと思っていて当然だよ」とのこと。

私自身が「仕事」に対して、特別にプレッシャーを感じているようです。
今日の通院でその点を伝えてこようと思っています。

教えていただいた書籍や経験者のブログ等を参考にするなどの方法も有用だと思いました。
ちょっと、動揺していて視野が狭く、選択肢が少なくなっているようです。アドバイスのおかげで、少し気分的にも落ち着きました。ありがとうございます。

お互い少しづつ、良い方向に向かえれば良いですね。
今後とも宜しくお願い致します。<(_ _)>

投稿: 日日是好日 | 2010年1月 8日 (金) 11時22分

無理もないと思います。プレッシャーにならない方がおかしいのですから、あまり気に病まないようにしてくださいね。

私も、実は今、楽しみながらと言いつつもプレッシャーはそれなりにあります。就職後の不安がないわけでもありませんし、そもそも、今のご時世で仕事にありつけるかが問題です。

ですから、たまにはご飯が食べたくないなという不調も出たりします。

そういう時は休むのが一番と思います。臨床心理士の先生からも、きつくなったら休めるときにすぐ休め、というアドバイスをもらっています。

段階は踏むと思いますが、決して焦らず、けれどあきらめずに、ぼちぼちと歩んでみるのがいいのかなと思います。

投稿: でじょだーじょ | 2010年1月 8日 (金) 18時13分

でじょだーじょ さん、コメントありがとうございます。<(_ _)>

少しづつですが、落ち着きを取り戻しつつあります。
ちょっと、食欲はわかないですが。。。
お正月に増えた体重が減って元に戻りました。(^_^;)

今日の通院で、日常生活と会社生活の間の壁が高いので、少しづつ上がっていけそうな段階を踏むように、リハビリの計画を立てていく方針になりました。
アドバイスの通り、決して焦らず、けれどあきらめずに、ぼちぼちと歩んでいこうと思います。

投稿: 日日是好日 | 2010年1月 8日 (金) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動揺!? 緊張!?・・・そしてその後 | トップページ | 通院日(1/8) »