« インフル禍 | トップページ | 今日は断念 »

2009年10月22日 (木)

表と裏

水曜日はあまり調子が良くなくて、家でゴロゴロしていました。
気力がなく、PCも立ち上げずに、部屋でウトウトしたり、ボーっとしたりして過ごしていました。 ブログの更新もサボりました。

体調が良くない日は、思考もネガティブ方向です。(^_^;)
ボーっと考えていたこと・・・

気が付けば始めて鬱と診断されてから6年が過ぎました。
途中、寛解していた期間が1年9ヶ月ありましたが、再発してから4年になろうとしています。この4年間は、復職→休職の繰り返しで家にいることの方が多くなっていました。

長女(小6)は小学校入学時から、長男は幼稚園年中から、次女は生まれてから2年程度しか元気に会社に行った姿を見せられていません。子供は親の背中を見て育つと言いますが、今の自分の背中はどう見えるのでしょうか?
情けない気分に浸ってしまいました。
どうにも、体調が悪いと悲観的な考えに行き着きます。

しかし、これも病気の症状のうちと考えられるようになってきました。 こう考えられるようになってきたことで、以前よりは楽にはなっています。

ただ、悲観的な考えに溺れるのではなく、薬(デパス)を服用し時間が経てばそういった考えを軽減できることがわかってきたからです。

水曜日に放送された「世界仰天ニュース」の大逆転エピソードを観ながら、人生の良いこと悪いことは表裏一体であることを再認識しました。

私も今の経験が自分にとってプラスであると信じて、時間をかけて新しい自分のスタンスを見つけようと思っています。きっと、何かを得ているはずです。

頓服のデパスを飲んで時間がたって体調が落ち着いてくると、前向きな考えになります。
そういうものなんですね。やっぱり、病気の症状なんだなぁ。。。

そういえば、以前に読んだ本に書いてありました。
「運が良いということは、何事もプラスに解釈するということだ。」

ではっ、「Have a nice day!」 (^^♪

________________________________________R_e_p_a_c_k_i_n_g___M_y___B_a_g_s_____ 
下記のランキングに参加しています。
↓↓↓の3つバナーを応援クリックしてくれたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
 
よろしくお願いします。  o(^-^)o

|
|

« インフル禍 | トップページ | 今日は断念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私も、何かの本で、いいことを考えていると、そのようになるというのを読んだことがあります。精神科医が書いた本だったと思うのですが…思い出せない(^^;)

療養中の時間って、無駄じゃないと思います。私も、ようやくそういう考え方ができるようになったのですが、これがないと、立ち直れないわけですから、必要な時間なわけです。

まだまだ、私はかかると思いますが、焦らず、でもあきらめず。

投稿: でじょだーじょ | 2009年10月22日 (木) 18時30分

でじょだーじょ さん、コメントありがとうございます。<(_ _)>

私も療養期間が長くなっていますが、確かに学ぶことも多かったと思います。病気の症状は辛いですが、それによって得たものも大きいと思います。それが何かは整理できていませんが、大きな変化があったことは間違いありません。

ただ、私もまだ時間が必要みたいです。

でじょだーじょ さんのブログで、
自分の考え方が偏っている時、それを止めたり、軌道修正したりできることが増えてきたと書いていましたが、凄く良いことですし、凄いことだと思います。
文面からも調子が向上していることを感じます。

私も一緒に上向いて行けたと思っています。

投稿: 日日是好日 | 2009年10月23日 (金) 09時29分

僕も鬱になって、病院に通い始めて・・・2003年の5月なので、
医者に鬱と判断されて、6年同じくらいですね。

僕はだいぶ物の考え方が変わってきました。
残念な事に、社会正義感がなくなりました、
その分、自分に妥協をするようになり、
社会に適応できるようになりました。

でも、これが良い事と悪い事の表裏一体何でしょうね、
社会正義感がなくなった事は、
いろいろな人間関係・会社関係の付き合い方に柔和になったと思っています。
進化です。

だから、今日の日記も同感しました。

投稿: アメンボ | 2009年10月23日 (金) 09時46分

アメンボさん、コメントありがとうございます。<(_ _)>

人との付き合い方が柔和になったということは、考え方や感じ方、感じた後の対処が柔軟になったということですね。
あと、自分に妥協するようになれたことは凄いと思います。

私は、自分にも他人にも「~であるべき」と考えていました。
病気を経験して、それだけでは無理が生じることがわかりました。

ただ今でも、自分の中での塩梅がわからずモヤモヤしています。どこまで妥協して良いのか?どこまで頑張れば良いか?
そのスタンスを探して、彷徨っている途中です。

復職、休職の繰り返しの中で、少しづつベターな方向に行っていると思うので、あせらず進んでいこうと思っています。

投稿: 日日是好日 | 2009年10月23日 (金) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフル禍 | トップページ | 今日は断念 »