« 休息と準備 | トップページ | 焦りなのでしょうか? »

2009年10月 6日 (火)

【読書】私の幸福論

台風接近に伴い、雨が降り続いています。
台風も木曜日頃に関東を直撃しそうな感じです。
やはり天気が悪いと調子も上がらないですね。(^_^;)

閑話休題。

家でゴロゴロしていても暇なので、読書をしました。
今回読んだのは、日野原重明氏の著書『私の幸福論』です。

日野原先生の著書は、読むと気持ちが優しくなり勇気をもらえる感じがするので安心して読むことができます。

この本で印象的に残ったのは、「自分の過去を赤面した日」という項でした。ここで書かれているエピソードは下記のようなものです。

内科医としてプライドを持ちはじめていた39歳でアメリカに留学していた時に、ある患者に「ドクターは、どうしてそんなにしかめつらしい顔で私をみるのか」と言われたそうです。その時、過去の自分が患者に対していかに尊大な態度であったか。そう振舞う自分の見当違いの驕りに気がつき赤面したというものでした。

日野原先生ですら、自分の基本的なスタンスの間違いに気がついたのが39歳の時なんだ。
ということが驚きと共に勇気にもなりました。

もうすぐ39歳の自分もうつになって、自分のスタンスを見つめ直しています。もう39歳か・・・と思ってしまいがちなんですが、まだ39歳なんですよね。まだまだこれからだなと思い直しました。o(^-^)o

________________________________________R_e_p_a_c_k_i_n_g___M_y___B_a_g_s_____ 
下記のランキングに参加しています。
↓↓↓の3つバナーを応援クリックしてくれたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
 
よろしくお願いします。  o(^-^)o

|
|

« 休息と準備 | トップページ | 焦りなのでしょうか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
日日是好日さんは、読書ができるんだ。

私も本を読もうと図書館で色々借りてくるのですが、
結局ほとんど読めずに返してしまいます。

最近ちょっと調子が上向きなので、再チャレンジしてみようかな。

今日も良い一日を。

投稿: koashige | 2009年10月 7日 (水) 09時19分

Koashigeさん、コメントありがとうございます。<(_ _)>

コメントからも調子の良さを感じます。
良い感じですね。(^^♪

是非、読書にもチャレンジして下さい。

「今日も良い一日を。」
の一言ですごく嬉しい気持ちになりました。
今日一日、良い感じで過ごせそうです。
ありがとうございました。

Koashigeさんも良い一日を。(^^♪

投稿: 日日是好日 | 2009年10月 7日 (水) 10時06分

はじままして、森八と申します。

天気の悪い日はやはり読書ですね。
私も別の著者ですが「幸福論」を読もうと図書館に予約を入れています。
日野原先生の本も読んでみようと思いました。

良い本があったらまた紹介してくださいね。

投稿: 森八 | 2009年10月 7日 (水) 14時08分

こんにちは。

よい本と出会われたんですね。私も参考にしたいと思います。

なかなか集中力が戻らないので、もう少し先にはなりそうですが…。

台風、九州でも結構な風が吹いています。気をつけてください。

投稿: でじょだーじょ | 2009年10月 7日 (水) 17時07分

森八さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。<(_ _)>

読書は良いですよね。
自分の視野を広げてくれますから。
また気に入った本があったら紹介します。


でじょだーじょ さん、コメントありがとうございまず。<(_ _)>

台風が近づいても散歩できたりと調子が上がっているようですね。この調子なら、読書とかも近いうちにできるのではないでしょうか?

家の台風対策は一応済みました。
幼稚園も小学校もお休みになりました。

投稿: 日日是好日 | 2009年10月 7日 (水) 20時42分

僕もこの病気になってからは、
柔らかくなったというか、
考え方がかわった気がします。
すこし、柔らかく考えられるようになりました。

でも、いろいろな人の意見を聞くようになって、
YESマンにならないか心配したことも。

投稿: アメンボ | 2009年10月 8日 (木) 19時29分

「それでも私は、生きていく。」のマッキーです。お久しぶりですね。調子はいかがですか?

日野原先生は私も愛読しており、「私の幸福論」ももちろん読みました。

日野原先生のすごいところは、反省したことを生かせるところだと、私は思っています。心が柔軟で、人の意見を受け入れられる謙虚な姿勢を持っているからこそ、そういうことができるのかな、と思います。

日野原先生の本で、「道は必ずどこかに続く」というのがあります。15才向けの易しい本です。よきモデルを見つけること、それを越えようと努力することなどが大切、と書いてあります。

私は22才ですが、非常に勉強になりましたよ。

投稿: マッキー | 2009年10月 8日 (木) 21時51分

アメンボさん、コメントありがとうございます。<(_ _)>

最初は、視野が思いっきり狭くなりましたが、
私もアメンボさんと同じように病気になってから、視野が広がったと思うことがあります。

せっかちだったのがだいぶゆっくりになったり、どうにかしようともがいていたのが仕方ないと思えるようになったり・・・
読書だと冷静に受け入れられるのですが、他人の意見を受け入れるのはまだちょっと出来ていない時もあります。昔よりはずごくマシになりましたが。。。

アメンボさんも、YESマンというよりは選択肢が増えたという感じではないですか?


マッキーさん、コメントありがとうございます。<(_ _)>

しばらく更新が無かったので、心配していましたが復学したようで何よりです。(アメーバ会員ではないので、コメントしようと思いましたが断念しました。)
ご自分にあったペースでゆっくりやれば良いと思います。

日野原先生はオスラー氏をモデルとしていますよね。
私にとっては、自分の父親がひとつのモデルかもしれません。

読書は良いですよね。
読書の場合、書いてあることを素直に受け入れることができますから。私の本棚には、これから読もうと思っている本が25冊くらい溜まってます。ゆっくり読んでいこうと思ってます。

投稿: 日日是好日 | 2009年10月 9日 (金) 10時18分

マッキーです。返信ありがとうございます。

コメントの件ですが、「あれれ? コメントはアメーバ会員のみになっている? そう設定した覚えはないけれど??」と思い確認してみました。

なっていましたね(;´д`)トホホ… 失礼しました。直しましたよ♪

今は授業に出るのが精一杯で本はなかなか読めませんが、また読んだらブログに書きますね。

何か思うことがあったら、書き込みお願いします。日日是好日さんのコメントは、本当に勉強になりますので☆

もちろん、負担のない範囲でいいですからね。

投稿: マッキー | 2009年10月 9日 (金) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休息と準備 | トップページ | 焦りなのでしょうか? »