« 自分の「鬱」の場合(8) | トップページ | 少しお疲れ気味~っ »

2009年1月11日 (日)

自分の「鬱」の場合(9)

前回は、2008年の5月末頃に6回目の休職に入るまでを書きました。 今回は6回目の復職までを書きます。

6回目の休職は、
・睡眠障害
・体の倦怠感
・無気力
との格闘でした。

6月は完全に動けず、ほとんど部屋で昼寝か読書かネガティブな思考かという感じで、ホントに抜け殻のようになっていました。子供の小学校の運動会を見に行けなかった時は相当に凹みました。情けない父親だと自分を責めました。

そんな日々でしたが、6月の終わり頃に自分の中で何かが変わり始めます。きっかけは読書と音楽でした。
内田樹氏の著書『下流志向』とタッド・バッジ氏の著書『仕事も人生も4つのボールでうまくいく』と宇多田ヒカルの『Fight The Blues』です。

ポイントは「自分」「人間関係」「社会」「仕事」のバランスでした。
あまりにも「仕事」の要素が大きく膨らみ、「自分」「人間関係」「社会」が小さかったかに気がつきました。そして、今、自分に出来る最善は?・・・「自分」を立て直すこと。目標が定まりました。まさにヒラメキですね。
そして『Fight The Blues』を聞いてモチベーションを上げたわけです。
詳細は↓に書いてあります。
『4つのボール』

「自分」の建て直しの為、病気を治すことに注力すること決めました。
ということで、その後の日課となる公園への散歩、半身浴で代謝を高める、毎日ストレッチをする、太陽を浴びる等の肉体的なケアを始めたのでした。

目の前に適切な目標を設定できると、大きな効果を生むと本で読みましたが、自分自身にもそういった効果(変化)が起こります。

散歩→ウォーキング→ジョギングとペースアップするとともに体重が落ちて適正な体重へ。
肉体的な疲労感から少しづつ睡眠状況も改善。
自分でも波はあるものの確実な回復を実感していました。
ただ、体の倦怠感だけはなかなか抜けなかったです。

主治医や嫁さんとも相談して、「今回は復職を焦らないで十分回復してから復職する」という方針も明確にしました。

日々の生活リズムも出来てきて、リハビリ通勤もはじめ、倦怠感も軽くなっていきました。そして11月に復職可の診断書をもらいました。

この頃になると、「自分」「人間関係」「社会」「仕事」のバランスが良くなっている実感があり、更に優先順位が変わっていました。

昔:「仕事」「自分」「人間関係」「社会」

今:「自分」「人間関係」「社会」「仕事」

という感じですね。
まずは、「自分」「人間関係」がうまくいっていて、そこに「社会」「仕事」が加わるという感じです。逆はありえないです。

そして、満を持して12月の中旬に復職したわけです。
今回は、「仕事」に対するモヤモヤを持たずに戻れたので、うまく行きそうな気がしています。

  ポチッとクリックをお願いします。<(_ _)>

人気blog Rankingへ。応援の1クリックをお願いします。 にほんブログ村へ。応援の1クリックをお願いします。

|
|

« 自分の「鬱」の場合(8) | トップページ | 少しお疲れ気味~っ »

『鬱』の履歴」カテゴリの記事

コメント

> 昔:「仕事」「自分」「人間関係」「社会」

僕も書きましたが、まさにこれでした。

今は仕事は「生きてくために」ぐらいで、仕事を生きがいにしようとはまったく思えません。

あとは実際にそれを実践(働く)するところにいければと思いますが、まだウォーキングの段階なので、まだまだ焦らないでいこうと思ってます。ウォーキングが楽々になったら、次はジョギングか水泳をしたいと思ってます。

投稿: ひろせん | 2009年1月12日 (月) 10時03分

ども♪
昔:「仕事」「人間関係」「社会」「自分」
私はこうでしたね(^^;
今は仕事が最下位で、後は正直、わかりません。でも、いい事を教えて頂いたなぁと思ってます。そうですよね、そういう考え方もあるんですね。参考にさせて頂きます。
私は体力的には多分、大丈夫だと思ってる(!?)ので、あとはラッシュ時の混雑に慣れなければ...(^^;

投稿: ラスカルっ | 2009年1月12日 (月) 19時07分

ひろせんさん、ラスカルっさん、コメントありがとうございます。<(_ _)>
ちょっと、レスが遅くなってしまいました。
スミマセン。

現代の日本では、恐怖感もあって「仕事」のウェイトが高くなりますよね。

スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」という本にも書いてあるのですが、「私的成功が、必ず公的成功に先立つ、逆はありえない。」

「自分」「人間関係」などの私的成功が先にあって、はじめて「社会」「仕事」などの公的成功が可能となる。言われてみれば、当たり前なんですが・・・私はここに辿り着くまで、すごーく遠回りをしました。

でも、ココを押さえておくと生活のバランスが良くなります。復職時に「仕事」のウェイトが大きくなりそうな時に役に立つと思います。

投稿: 日日是好日 | 2009年1月12日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/27006867

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の「鬱」の場合(9):

« 自分の「鬱」の場合(8) | トップページ | 少しお疲れ気味~っ »