« 平穏です。 | トップページ | 【読書】『日本人の死に時』 »

2008年9月14日 (日)

石井雅史選手

先日、NHKのパラリンピック選手の特集番組で、自転車競技に出場して金メダルを獲得した石井雅史選手の特集を観ました。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/0804/80410.html

石井選手は、元競輪選手です。
自転車の練習中に対向車と正面衝突の事故に遭い、脳に高次機能障害を負いました。

外見は、健常者と変わりません。
ただ、脳幹などに損傷がある為に競輪選手としての復帰は叶いませんでした。
症状としては、左足の麻痺、右手の震え、短期記憶障害、物が二重に見えるなどがあるそうです。
それ以外にも、
 ・天候などによって体調が左右される
 ・気力が出ず億劫で何もできない時がある
 ・集中力が出ない時がある
 ・体に倦怠感を感じる
などの症状もあるそうです。

後者の症状は「鬱」の症状に似ているなと思いました。

私自身、調子が上がらない時は「なんで調子が上がらないんだ?」と思い、何とか調子を上げようと色々と「もがく」ことが多いです。
気合いを入れて、気持ちを切り替えれば変えられるという思い・・・
「鬱」=気分の問題という感覚が完全に抜けていないようです。

もちろん、頭では「鬱」は脳の機能低下で起こる病気であることは理解しています。でも、外見上違いはわかりませんし、調子の良い時は普通です。だから脳の病気であるという病識を持ちづらいのかも知れません。

でも、石井選手の特集を観て「鬱」症状に似ているなと感じた時に、素直に「自分の「鬱」の症状は脳の機能低下が原因の病気であるんだ。」と再認識でき、すごく気分が軽くなった気がしました。

厳しい環境の中で努力を続けて、見事に金メダルを獲得した石井選手に「おめでとうございます」と「ありがとうございます」を伝えたい気分です。 きっと他にも勇気づけられた人も多いと思います。

応援していただける方、ポチッ
↓のランキングのクリックもお願いします。

Banner_02

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ。 参加してます。 応援の1クリックお願いします。

 

|
|

« 平穏です。 | トップページ | 【読書】『日本人の死に時』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/23732755

この記事へのトラックバック一覧です: 石井雅史選手:

« 平穏です。 | トップページ | 【読書】『日本人の死に時』 »