« 調子を崩した (>_<) | トップページ | 子供のこと »

2007年10月 5日 (金)

【読書】蒼穹の昴

今回は、浅田次郎氏の著書「蒼穹の昴」を読んでみました。

浅田氏の小説は、面白いですね。
次々と映画化されるのがわかる気がします。

浅田氏の著作では、「壬生義士伝」「地下鉄に乗って」などを過去に読みましたが、「蒼穹の昴」も非常に面白かったです。

この作品では、白太太という星読み(占い氏)が出てきて、登場人物の今後の人生をことごとく予言します。
しかし、主人公の春児だけには、路傍でのたれ死ぬ運命と読んだにも関わらず、嘘の予言をします。「将来、西太后の宝物を全て手に入れると・・・」

他の人物は、白太太の予言通りの人生を歩むのに対し、春児だけは、西太后の宝を手に入れることが可能なところまで出世します。
実際には、本人が宝をもらうことを拒否するのですが・・・

この小説では、天命=天が定めた宿命人は、努力と心がけで変えていけるというメッセージが込められていると思います。

いかなる境遇であろうと、志を高く持ち、周囲の人に感謝し、努力をすれば結果がついてくると言ったところでしょうか・・・

浅田氏の代表作で、読み応えも十分ですから、是非、時間のある時に読んでみてはいかがでしょうか?

ちょっと、話しはかわりますが、
最近、私は思っている事があります。

以前にブログでも似たようなことを書きましたが、
自分が『鬱』という病気になったのは、何か必然性があるような気がします。

病気になり、考え方も視野も変わりました。
病気にならなかったら、人間的な成長は遥かに少なかったと思います。

そして、自分とは全く違うタイプの嫁さんが傍にいて、
自分とは違った考え方を感じさせています。
こうなることも、必然だったのかな???

ちょっと、江原さんのスピリチュアル的な考えですが、そんな気がします。

「蒼穹の昴」を読んでいて、そんなことが頭の片隅をよぎりました。
ちょっと、考え過ぎというか、ナルシスト的ですが・・・(^_^;)


蒼穹の昴〈上〉 Book 蒼穹の昴〈上〉

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


蒼穹の昴〈下〉 Book 蒼穹の昴〈下〉

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_02

|
|

« 調子を崩した (>_<) | トップページ | 子供のこと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/8245746

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】蒼穹の昴:

« 調子を崩した (>_<) | トップページ | 子供のこと »