« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

【読書】「ホンモノの思考力」

今回は、樋口裕一氏の著書「ホンモノの思考力」を読んでみました。

樋口氏は、仏文学の専門家で、独自の小論文指導法を確立し、指導を行っている方です。

内容としては、
「論理的に考える」
とはどういうことかを独自の理論で解説しています。

ポイントは、3つある・・・
(3つある・・・の表現は、この本を読めば良くわかります)

1.二項対立思考
  ⇒物事を対極の2つの視点で考える。

2.型思考
  ⇒ある決まった型にはめて論理展開をする。

3.背伸び思考
  ⇒少し背伸びして思考することで、思考力を向上させる。

エンジニアを生業としている私としては、二項対立・型思考などは、日常的に使っているので、特に目新しさは感じませんでした。

二項対立の思考は、ディベートや小論文では有効かも知れませんが、日常生活の全てを二項対立で捉えるのはどうかな?と思います。
私個人が白黒をはっきりつけたい、二項対立思考派なので、逆に中間的なグレー思考が出来なくて苦労することも多いので(^_^;)
また、視点の切り口をどこに持ってくるかの方が難しい問題と思います。
視点の切り口を誤ると、とんでもない対極になってしまいますから。

また、型思考は型にはめることでわかりやすくはなりますが、型にはめられないと苦しくなるので、こちらも使いどころしだいって感じですね。

3の背伸び思考は、受け売り、転用、かぶれるを称賛しているのですが、私としても賛成ですね。
私自身も本や他人の話で、これはっ(^^)v って思う表現や考えがあれば、次の機会には自分の言葉として使いますから・・・
自分で納得する考えなら、あっさり受け入れるので。

もし、他人に矛盾を指摘されたら?

「ガンジーも言っているよ!」といって次の台詞を言います。

もしも、今日私の言ったことが、昨日言ったことと矛盾するなら、それは真実を語っていないからではない。私が成長し変化するとともに、私にとっての真実も毎日のように変わるのだ。

って、こんな感じでね。(^^♪

この本は、普段、論理的に考えることを苦手としている人が読むと、少しは論理的な思考に近づけるかも知れないですね。
私個人としては、まぁ普通といったところです。

ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術 (集英社新書) Book ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術 (集英社新書)

著者:樋口 裕一
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_02



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月28日 (日)

子供達とのサッカー

今日は、子供のサッカーの父兄コーチとして、
子供達を引率して、横浜市の大会の予選リーグに行ってきました。

春の大会は、1勝もできずグループ最下位でしたが、
秋の大会は、子供達の頑張りもあり、2位争い。
(2位以内だと、決勝トーナメントに出れます)

今日が予選リーグの最終日。
2位争いの相手との直接対決でした。

見事、2-1で勝利!(^^)v
2位で予選リーグ突破しました。

子供達が試合を重ねるたびに、うまくなっていくのがわかります。
そういう成長を見ていると、本当に楽しくなります。

でも、一方では、
大会とかの勝ち負けは、本人達よりも、
周りの大人の方が熱くなってしまいがちです。

ウチのチームで長く指導しているコーチからは、こんな助言をもらいました。
「勝つのはいいことだけど、勝ちにこだわるより、良いところを見つけて誉めなきゃね」
「勝ち負けも大事だけど、自分達のポジションを見失わないようにしないとね」
「高望みしても、子供達が苦しくなるだけだから・・・」

これって、大人の世界でも同じだよね。
良いところ見つけて・・・
足るを知る・・・
的確な目標を持つ・・・

子供のサッカーを通じた新しい人間関係で、良い経験させてもらってます。
こういう時間が持てるのも、実は病気になったおかげ。
夏場は、体調悪くて、暫くはお休みしていたけど、
子供達とサッカーするのは、楽しいね。(^^♪

こう思えるだけ、回復してきた証拠かな!?

Banner_02



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月27日 (土)

ちょっと、イライラ・・・

今日の横浜は、一日中、雨。
けっこう、降ったなぁ。
まとまった雨は久しぶりな感じがする。

今は、雨も止んで、風もなく、虫の声が聞こえている、いつもの夜になっている。

今日は、何もかも今ひとつ。

午後は、少しイライラして、嫁さんと衝突。(^_^;)
趣味の競馬は惨敗。(ーー;)
ドラゴンズも完敗。(>_<)
ガンバ大阪も完敗。(T_T)/~~~

自分では、競馬、ドラゴンズ、ガンバの3つの勝ちが揃うのを「トリプル」と呼んで、たまーにある「トリプル」を楽しんでいるのだが、全滅というのも珍しいし、今日はおまけも付いている。
そういう意味では、最悪かも・・・

昨日のブログでも書いたが、「復帰」→プレッシャーとなっているのか?
少し、ナーバスになっているみたい。

特に、何か、具体的な心配事があるわけでもないのだが・・・

明日は、台風一過でよい天気らしい。

自分の気持ちも台風一過の秋晴れとなって欲しいものだ。

Banner_02



| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

通院日(10/26)

10/26(金)は、2週間ぶりの通院日でした。

ココ、2週間は、特に大きな変動もなく、淡々と過ごした感じ。
主治医との話しの中でも、まぁ順調ですねというところで、同意。

あと、2週間、安定していたら、「復職可」という判断にしましょうということになった。

薬は、前回と変わらず・・・

朝:デプロメール50mg×1
昼:デパス0.5mg×2(頓服)
夕:デプロメール50mg×2、ルジオミール25mg×1、デパス0.5mg×1
夜:デパス0.5mg×1、アモバン7..5×1

しかし・・・
「復職」ということが見えてきたからだろうか・・・
昨日の夜は、久しぶりに仕事の夢を見た。
なんだか、目覚めが少し悪かった。
早くもプレッシャー感じている???・・・(^_^;)

さぁ、切り替えて行こう!(^^)v

Banner_02




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月25日 (木)

好きな歌

ウチの嫁さんは、私とはタイプの違う人間だということは、このブログでも度々紹介してきた。

最近、また違うところを発見した。

それは、歌を聴く時の聴き方。

嫁さんは、歌を聴く=メロディーで聴いているようだ。
歌手の好き嫌いも、声の質による。
歌手の声もメロディーの一部として聴いているようだ。

私は、歌=メッセージと捉えているみたい。
楽曲での好き嫌いというより、歌詞が共感できるかが大事。
昔は、尾崎豊とかにハマっていたなぁ。。。(^_^;)

どっちがいいかは別として・・・

同じ曲を聴いていても、聞いている部分は全く違う。

「ココの歌詞が良くない?」とか聞いても、「そういう歌詞だったんだ!」とか・・・
会話が成り立っていないこともしばしばだ。

自分を見直してみると・・・
自分ではあまり感じていなかったが、
自分の頭の中は「言語化する」ということが非常に重要な事項であるらしい。
だから、「言語化できない」中途半端な感覚的なところが苦手みたいだ。
なんでも、答えが欲しくなる。

鬱とかになりやすい人の傾向として、「格言好き」なところがあるらしい。
確かに、私も格言好きだ。。。

言語化するってことは、
言い換えれば明確に理解する=答えを得るってことになるんだと思う。

まぁ、基本的な部分は変わらないかもしれないけど、
もう少し、「感じる」「直感」「感覚」とかを磨いた方が良いような気がしてきた。

少し、感覚を取り戻すような生活を心がけてみようかな。。。
といっても、どうするとかアテがあるわけでは無いけど、
道順とか買物とか、合理的な思考だけじゃなく、なんとなくで行動するとか・・・
そうすれば、少しは変わるかもね。
試してみよう、少しづつ。

Banner_02



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月24日 (水)

【読書】「健全な肉体に狂気は宿る」

今回は、「健全な肉体に狂気は宿る」を読んでみました。

この本は、
神戸女学院大学 文学部教授の内田 樹
都立墨東病院 精神科医の春日 武彦
の対談を一冊にまとめたものです。

二人の哲学(身体、精神、言葉、常識など)をテーマに自由に語り合った内容が収められています。
お互いの考えに共通点が多く、楽しい対談であった様子が伺えます。

二人とも、それぞれの観点(軸)を持っているので、二人の対談内容を読んでいるうちになんとなく納得させられてしまう部分もあります。
毒舌な部分もあり、ちょっとドキッとする部分もあります。

私自身が読んで参考になった部分は、二人の「時間」の奥行きに対する概念の考え方です。
自分自身、この時間の概念が薄いのかも知れません。

また、春日氏のあとがきに書いてあった箇所も参考になりました。

人間が精神的に健康である条件とは、

・自分を客観的に眺められる能力
・物事を保留(ペンディング)しておける能力
・秘密を持てる能力
・物事には別解があり得ると考える柔軟性

うーん、先ほど書いた時間的な概念とも関係するのですが、
物事をペンディングしておける能力・・・
これは、自分に欠如しているかもしれませんね。

中腰を保てるかと言い換えても良いと書いてありますが、
自分にとっては気持ち悪い感じですね。
答えがないままっていうのは・・・
時間的に早急に結論を出したがるっていうのが、自分の癖ですからね。
だから、時間的な概念が薄いってことになるんだけど。(>_<)

まぁ、少し、気付きがあったので良しとしましょう。

Banner_02



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

居心地の良さ!?

最近、読んだ本の中でちょっと考えさせられる内容があった。

それは・・・
病気というカテゴリーに入ってしまうことで、
病気利得という特権をもってしまう。
(病気だから仕方ないということになる特権)
一度、ココに入るとなかなか抜けられない。

抜けると、更に困難な現実が待っているから・・・

ちょっと、ギクッ(>_<)とする内容でしたね。

最近、調子は戻りつつあるんだけど、
普通の生活に戻ることに抵抗を感じている自分がいるんじゃないかって、密かに気付いていたりして・・・
今は、凄く楽な状態だからね・・・

まぁ、でも、実際に症状がひどい時は辛かったわけだし、
実際に普通の生活に支障もあったりしたんだけどね。

別にズルしたわけでもないし・・・

で結局は、今は直すことに専念という結論になるんだけど・・・

その本には、そういう限定的なミニチュア化した世界に入ることで、病気というカテゴリーに入っていく・・・と書いてあったり。

30代の鬱が増加とかってテレビとかでやっていると、自分だけじゃないってことになって、そういう対処法(処世術)みたいなものは、すごいスピードで世の中に広がるって。

自分もズバリそこにいるわけで。

なんか、鶏と卵みたいな話しになってきたなぁ。

結論出ないからこれ以上は書かないけど、そういう見方もあるってことで。
まだ、読みかけの本だから、もう少し読んでから・・・

Banner_02




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月23日 (火)

体がだるい・・・(>_<)

今日は、久しぶりに倦怠感に襲われてます。(>_<)

ほとんど一日中、寝て終わりました。。。

土曜日にフットサル、日曜日に外出などの影響ですね。

やっぱり、体力的に落ちているせいか、何かすると反動出ますね。

少しづつ、慣らしていかないといけないですね。

Banner_02




| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年10月21日 (日)

久しぶりのフットサル

土曜日の夜、3ヶ月ぶりにフットサルをやりました。

体がすっかり肥えたのと、間隔が空いたことで、
しんどかったです。(>_<)

でも、久しぶりに汗だくになって気持ち良かったです。(^^♪

Banner_02




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月19日 (金)

さて、これから・・・

自分の『鬱』は、治まったり、再発したり・・・
とグズグズしているわけですが・・・

なんでだろう?

と考えてみることにしました。
ホントは考えない方が良いかもね。(^_^;)

でも実は、答えは自分ではわかっっている。

それは、「これからの目標が見出せないこと」。

『鬱』になる前は、
目標は「仕事で勝ち組になる」だった。
目標というよりは、義務みたいな感じかな・・・

だから、気持ちが、心が、体が、壊れた。

で、新しい目標を・・・と思ったら、何も見出せない。

中途半端。

だから、復職しても、再発する。

悪循環。

今回も体調は回復してきた。

「さて、これから・・・」

ココが問題だなぁ。。。

目標とか考えないで、目先の事に集中できればいいけどね。
なかなか、そうもいかないんだよね。(^_^;)

ココのRepacking(棚卸し)どうしたもんかな・・・

Banner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月18日 (木)

車の燃費が向上したよ(^^)v

最近は、気分的な波が小さくなってきている事が実感できている。
昼間のデパスを1錠減らしても大丈夫だった。

気分は、穏やかな感じ。。。

最近、ゆったりした気分を大事にすることで、一番変わったことがある。

それは、車の運転。

今までは、メリハリを一番大事にして運転していたので、
素早く加速、それなりのスピードで・・・
カーブでもある程度のスピードで・・・
エンジンも回転数上げて・・・

最近は、ゆっくり、まったり、走るようになった。
急いでも仕方ないし、気持ち的にカリカリしないように・・・

って気付いてみると、車の燃費が1.3~1.5倍くらい良くなった。
思わぬ収穫。
これからも、ゆっくり走ろうっと・・・
ガソリンも高いしね。

これぞ、一石二鳥だな(^^)v

Banner_02




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月17日 (水)

忘れた・・・!?

ここ数日は、体調も良。
少しづつ活動的になってきている。

ちょっとは決めたスケジュールで行動するようなことを始めようかな?
(図書館&プールあたりが良いかな・・・)

なんて、考えていて、一つ気がついた事がある。

それは、仕事や会社の事を全く考えてないってこと。。。

前は、気になって気になって仕方無かったのにね。(^_^;)

今の生活に慣れてしまったからかな?
自分も少しは変わったってことかな?
それとも、開き直った?
今の生活は、ストレスフリーだからね。

でも、いつまでもダラダラしててもねぇ・・・

少しづつ、動き出しますかぁ!(^^)v
って、自然にモチベーション↑↑↑で、結構、いい感じ。

とりあえず、何かを始めようと思います。
さぁーて、何にするかな・・・

ちなみに禁煙は順調に継続中です。(^^♪
こちらも、それほど辛くなくいい感じです。

Banner_02




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月14日 (日)

通院日(10/12)

10/12(金)は、2週間ぶりの通院日。

復職の可否を判断する日だったが、主治医と相談の結果・・・
休職を1ヶ月延長とすることにした。

まぁ、焦って復職して、またダメだと辛いし。。。
今回は、かなり慎重に・・・

体調的には、上向いているし、そのうち戻れるでしょう。
少しづつ、体も動かそうという日が増えているしね。
(体重、増えた・・・+10kgくらいかな・・・落とさないとね)

あとは、禁煙始めました。
今日で2日間過ぎました。
意外と辛くないです。

薬は、前回と変わらず・・・

朝:デプロメール50mg×1
昼:デパス0.5mg×2(頓服)
夕:デプロメール50mg×2、ルジオミール25mg×1、デパス0.5mg×1
夜:デパス0.5mg×1、アモバン7..5×1

Banner_02


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年10月12日 (金)

通院日を前に2週間を振り返る

10/12(金)は通院日。
復職か休職延長かを判断する日でもある。

ブログで2週間を振り返ると・・・
更新してない。。。

富士SWへ出かけてリズムを崩したり、
ここ数日は、風邪気味で体調もすぐれなかったりしてるし。

その前の2週間に対して、
この2週間は順調とは言えない感じ。

自分でも、なんかもう少しって感じがしてる。
自分じゃ、判断できない感じ。

明日は、主治医と要相談だな・・・

睡眠はうまく取れているので、そこだけは楽だけどね。

Banner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月10日 (水)

新しい手帳

最近、更新ペースが鈍くなっている。

ネタがないというのもあるが、
調子が少し低調なことの方が要因としては大きいかなと思っている。
調子が悪い時は、イライラするし、集中力がない。
ブログの更新すら、億劫に感じてしまう。

まぁ、それはそれで仕方が無いので、そのまま受け入れている。
だから、精神的に負担は少ない。
前より、病気との付き合い方が少しうまくなった証かな?

今日の夜は、集中して読書が出来たので、
「今」にフォーカスが合っている状態なので、ブログを書き始めた。

さて、本題・・・
今日、2008年の手帳(スケジュール帳)を購入した。
以前、ブログで予定のない手帳のことを書いたが、2008年用も同じ手帳を購入した。
これで、5年連続で同じ手帳を使うことになる。

机の棚の中にしまった真新しい手帳・・・
今は、何も書かれていないまっさらな手帳・・・

この手帳は、充実した予定で埋められたらいいな・・・と思っている。

Banner_02




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月 9日 (火)

【読書】「あくせくするなゆっくり生きよう!」

今回は、リチャード・カールソン氏の著書「あくせくするなゆっくり生きよう!」を読んでみました。

リチャード・カールソン氏は、「小さなことにくよくよするな!」シリーズの著者として有名な方です。

さて、内容ですが・・・
この本に書かれているホイントは2つあります。

・分析的思考法だけでなく、流動的思考法に切り替える

・「今」にフォーカスを合わせ、心のゆとりをつくる

分析的思考とは、普段、我々が日常使っている思考法で、こうすれば→ああなるというような論理的思考になります。
条件が明確な場合には、非常に有効な思考方法ですが、未来(この後の予定など)などの不確定要素の多い場合は、余計な不安・心配など、ストレスを自ら創り出す結果に陥りやすいという欠点もあります。

そこで、流動的思考という考え方にシフトするというのがポイントです。

流動的思考とは、受動的な思考で、目の前の事実を受け入れることで、自然とアイデアが浮かんでくるというもの。まぁ、ひらめきとか直感に近い感じですね。
まぁ、論理的に考えても答えの無いものは、暫く放って置くという感じですね。

D・カーネギー氏の「道は開ける」にあったように現在の心配事を紙に書いて机にしまっておいて暫くしてから見直すとその問題はほとんど解決しているはずという考えと共通点がありますね。

私としては、考え方が常に論理的思考になりやすいんですよね。
技術者という仕事柄もあるんでしょうが、直感的というのは苦手ですね。
だからかも知れませんが、将来のこととかが、凄く不安で、プレッシャーを感じますね。
確かにストレスの要因な感じがします。

具体的に流動的思考にシフトさせる方法が書いてあるわけではないので、どう実践するかがポイントですね。


もう一つの「今にフォーカスを合わせる」ですが、こちらは「禅」的な思想ですね。

過去や未来を考えると、ストレスを自ら創り出す結果に陥りやすい。
だから、「今」に集中して、「今」を充実させることが大事というところですね。

これについては、私としては、既に実践するように心がけています。
自分の呼吸とかに意識を集中させることで、「今」にフォーカスを当てる事ができます。

総括としては、
全体的に読みやすくまとめられていますし、内容的にも共感できます。
自己啓発本としては、良書と思います。


あくせくするな、ゆっくり生きよう!―人生に不満を持たない生き方 Book あくせくするな、ゆっくり生きよう!―人生に不満を持たない生き方

著者:リチャード カールソン,ジョセフ ベイリー
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Banner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月 5日 (金)

子供のこと

やっと、通常の生活リズムに戻りました。
無理しないように気をつけねば・・・(^_^;)

今日は、子供達が「あゆみ(通知表)」を持って帰ってきました。
前期、後期の2学期制の為、明日から秋休みだそうです。

私には、3人の子供がいます。
長女:小4(10歳)
長男:小2(8歳)
次女:年少(4歳)

上の二人が、通知表をもらってきました。
長女は、算数が苦手。算数以外は良い成績のようでした。
長男は、算数が好き。算数と体育だけが◎が多かったです。
姉弟でも、個性が違うようです。

まぁ、とりあえず、無事に成長しているようなので、一安心ですね。

しかし、子供はあっという間に大きくなるものですね。
長女が幼かった頃がつい最近のように感じます。

そういえば、私が『鬱』になって、決定的に変わったこと・・・
もう一つありました。
とにかく、子供と過ごす時間が増えました。

長女が赤ちゃんの頃、
毎日午前2時~3時ごろ帰宅でしたから、ほとんど起きている時間に会いませんでしたね。
長男が生まれる時は、
出張・出張・出張の日々で、病院から退院した後、約1ヶ月会えませんでしたね。帰ってきて、大きくなっていてビックリしたことを思い出します。

その頃は、お金を稼ぐのが自分の役割だと思ってました。

でも、子供と一緒に過ごす時間て有限なんですよね。
まだ、みんなで一緒にお風呂に入ったり、家族で出かけたりしてますが、もう少しすると少しづつ、自立していくんですよね。たぶん。。。

そういう意味では、子供と過ごす時間が多くなったのは、良いことなんですよね。

そんな、当たり前のことを気づかせてくれたのも『鬱』のおかげなんですね。
なんか、皮肉なものですね。。。

Banner_02





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【読書】蒼穹の昴

今回は、浅田次郎氏の著書「蒼穹の昴」を読んでみました。

浅田氏の小説は、面白いですね。
次々と映画化されるのがわかる気がします。

浅田氏の著作では、「壬生義士伝」「地下鉄に乗って」などを過去に読みましたが、「蒼穹の昴」も非常に面白かったです。

この作品では、白太太という星読み(占い氏)が出てきて、登場人物の今後の人生をことごとく予言します。
しかし、主人公の春児だけには、路傍でのたれ死ぬ運命と読んだにも関わらず、嘘の予言をします。「将来、西太后の宝物を全て手に入れると・・・」

他の人物は、白太太の予言通りの人生を歩むのに対し、春児だけは、西太后の宝を手に入れることが可能なところまで出世します。
実際には、本人が宝をもらうことを拒否するのですが・・・

この小説では、天命=天が定めた宿命人は、努力と心がけで変えていけるというメッセージが込められていると思います。

いかなる境遇であろうと、志を高く持ち、周囲の人に感謝し、努力をすれば結果がついてくると言ったところでしょうか・・・

浅田氏の代表作で、読み応えも十分ですから、是非、時間のある時に読んでみてはいかがでしょうか?

ちょっと、話しはかわりますが、
最近、私は思っている事があります。

以前にブログでも似たようなことを書きましたが、
自分が『鬱』という病気になったのは、何か必然性があるような気がします。

病気になり、考え方も視野も変わりました。
病気にならなかったら、人間的な成長は遥かに少なかったと思います。

そして、自分とは全く違うタイプの嫁さんが傍にいて、
自分とは違った考え方を感じさせています。
こうなることも、必然だったのかな???

ちょっと、江原さんのスピリチュアル的な考えですが、そんな気がします。

「蒼穹の昴」を読んでいて、そんなことが頭の片隅をよぎりました。
ちょっと、考え過ぎというか、ナルシスト的ですが・・・(^_^;)


蒼穹の昴〈上〉 Book 蒼穹の昴〈上〉

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


蒼穹の昴〈下〉 Book 蒼穹の昴〈下〉

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月 3日 (水)

調子を崩した (>_<)

ちょっと、更新の間隔が空いてしまいましたが・・・
少し、調子を崩して、更新どころでなかったので。

やっと、リズムが戻ってきたので、今日から更新再開です。(^^)v

先週は調子↑でした。

週末は・・・
土曜日に義母のお見舞い→実家宿泊

日曜日は、子供を実家に預け富士SWへF1観戦へ。
(嫁さんがライコネン ファンの為、前からの約束なので)
当日は、結構、楽しめたんですが・・・

でも、結果的にコレが良くなかったみたいです。
朝4:00出発。
帰りはシャトルバス待ち2時間半。
しかも、終日、雨・・・
東京→横浜の車の運転もして・・・

明らかに飛ばし過ぎ・・・

月曜日は、ほとんど寝て終わり。

火曜日も、午前中は寝て、午後からやや復調。

やっと、今日の時点で、先週末の80~90%程度に回復。

やっぱ、もう少し、自重しないとダメですね。(^_^;)
自分でも、こんなにリズムが狂うとは思いませんでした。
反省です。

しかし、体力が落ちてますね。
凄く実感しました。
こんな感じじゃ、もうちょっと計画的に外出を増やすようにしないと、復職時に反動が出そうですね。
少し、リハビリがてら、散歩などを日課に入れて行こうと思います。

Banner_02




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »