« ウチの嫁さん | トップページ | 自分の「鬱」の場合(7) »

2007年9月28日 (金)

【読書】「人生は数式で考えるとうまくいく」

今回は、大村あつし氏の著書「人生は数式で考えるとうまくいく」を読んでみました。

大村あつし氏は、ITライターをしている方です。
EXCELのマクロ関連の本などは、非常に売れているそうです。

この本は、そんな大村氏が今までの人生で学んだポイントを等身大の視点で書いています。
内容、わかりやすさから見ても、良書と思います。

数式で考えるとは、以下のような感じです。

目標-現状=課題
課題=今やるべきこと

知識×経験=知恵

確かにシンプルでわかりやすいですね。

この本を読むと、共感される方も多いと思います。

大村氏は、自分が立ち上げた会社の社長の立場を追われ、落ち込んで『鬱』になったこともあるそうです。
『鬱』を克服し、ITライターとしての成功を収めた努力も素晴らしいと思います。
非常に真面目で努力家なんだなということが、文章からも伝わってきます。
座右の銘は、
「人生は負けないようにできている」
「人生は今が一番若い」
だそうです。

でも、今の私には少し違和感を感じるところがありました。
それは、大村氏が真面目で努力家であるので、
頑張り過ぎていないか?
無理していないか?
という違和感です。

本書の中でも、無理は長続きしないとの記述もありますが、
私は、すごく飛ばしているなぁ・・・
って、感じがしてしまいました。

今の自分がスローダウンしているからなんでしょうが。
「人生は負けないように・・・」

勝ち負けってあるのかな?

人生は数式で考えるとうまくいく Book 人生は数式で考えるとうまくいく

著者:大村 あつし
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_02

|
|

« ウチの嫁さん | トップページ | 自分の「鬱」の場合(7) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/8145286

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「人生は数式で考えるとうまくいく」:

« ウチの嫁さん | トップページ | 自分の「鬱」の場合(7) »