« 呼吸法 | トップページ | 「治る」の意味 »

2007年9月20日 (木)

薬との付き合い方

今日も、嫁さん不在の中、家事全般を一通り終了。
疲れはあるが、とりあえず、なんとかこなせた。
復職に向けたリハビリのような感じだな。

さて、今日のお題について・・・
薬として、抗鬱薬、安定剤、睡眠薬などを服用しているが、今までは、あまり薬に頼るべきじゃないという固定観念を持っていたようだ。
一応、ちゃんと服用はしていたが、頓服などは、極力飲まずに過ごすことが多かったように思う。
自分として薬に依存するんじゃないかという考えがあったのかな?
薬の効きを実感すると、逆に怖さも憶えたし。。。
精神論(気合・根性論)者だからなぁ・・・(^_^;)

前々回、前回の通院で、その考え方を少し改めた。

調子が悪くなる前に、予防線を張って、早めに服用するようになった。
そのおかげで、イライラ感、焦燥感、などが大幅に低減できた。
以前なら、その症状の苦しさをなんとかしようともがいていたので、余計なエネルギーを消費していたが、症状自体が低減されることで、精神的にも肉体的にもエネルギーの浪費が無くなったように感じる。
その為、体調は右肩上がりで改善している。

多分、症状が出なくなって、減薬する時は、時間がかかると思うが、まずは状況を打開する方が大事だし。
暫くは、今のままを続けようと思う。

少し、先が明るくなったかな?

Banner_02

|
|

« 呼吸法 | トップページ | 「治る」の意味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/8036910

この記事へのトラックバック一覧です: 薬との付き合い方:

« 呼吸法 | トップページ | 「治る」の意味 »