« 【読書】「小さいことにくよくよするな!③」 | トップページ | インターネットラジオ »

2007年9月23日 (日)

相手の立場を考える

今日の横浜は、涼しかったですね。
やっと、秋らしい感じがしてきましたね。(^^♪

趣味の競馬中継を見ようとテレビをつけたら、自民党の総裁選挙の中継をやってました。
まぁ、当初の予定通り・・・福田さんでしたね。

首相なんて大役は、すごく大変な仕事だと思うけど、それをやりたい人って多いですね。国会議員の先生方の中では・・・

今回の安倍さんの辞任騒動の中で、おっ!と気がついたことがありました。

安倍さんの電撃辞任の後、マスコミ各社の報道は批判一辺倒でした。
キャスター、評論家、みなさん批判の嵐です。
中には、KY(空気読めない)なんて発言したキャスターもいました。

そんな中で、確か・・・テレビ朝日の朝の報道番組だったと思うのですが・・・
批判一辺倒の番組の最後に女性アナウンサーが次の一言を言いました。
「安倍さん、ご苦労様でした。」

これを言ったアナウンサーは、相手の立場で物を考えられる人だなと思いました。

子供の頃から、良く言われませんでした?
「相手の立場になって考えろ!」って。

私は、恥ずかしながら・・・
『鬱』って病気になるまで、本当の意味で相手の立場に立って物事を考えられてはいなかったなぁ・・・と反省しています。
なんだかんだ言って、自分を正当化しようとしてきましたね。

病気で自分が凄く情けないと思ったとき、でも、それが現実と受け入れていく過程で、相手の立場に立つというのは、物事を色んな側面から客観的に見ることだということを知りました。

今回の安倍さんの辞任は、国会運営の問題など、確かに批判されるところはあるとは思います。ただ、そこまでしなくてはならないくらい、一生懸命に首相の重責を果たそうとしていた事も事実だと思います。

そういう意味で、「ご苦労様でした。」という一言は、殺伐とした報道番組の中で、一風の清涼剤のように感じました。

自分もそういう言葉を言える人間でありたいと思いました。

こういうことを感じるのも、皮肉なことですが『鬱』のおかげなんですよね。

逆に『鬱』になっていなければ・・・

今ももっと狭い視野で普通の生活(普通じゃない仕事漬けの生活)をしてたんだろうと思うと、少し、ぞっとします。

Banner_02



|
|

« 【読書】「小さいことにくよくよするな!③」 | トップページ | インターネットラジオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/8075570

この記事へのトラックバック一覧です: 相手の立場を考える:

« 【読書】「小さいことにくよくよするな!③」 | トップページ | インターネットラジオ »