« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

通院日(9/28)

今日は、2週間ぶりの通院日でした。

比較的空いていて、待ち時間も短かったです。(^^♪

で、現状を説明して・・・
とりあえず、復調気配ということでした。

一応、予定通り、あと2週間は自宅療養です。
調子が上向きなので、薬も前回と同じです。

朝:デプロメール50mg×1
昼:デパス0.5mg×2(頓服)
夕:デプロメール50mg×2、ルジオミール25mg×1、デパス0.5mg×1
夜:デパス0.5mg×1、アモバン7..5×1

明日から、2日間、用事で実家帰省(家族で)するので、
今は荷造りに追われています。

ジタバタo(><o)(o><)oジタバタ
↑嫁さんがリビングで・・・

まぁ、この調子であと2週間、
少しづつペースアップを図りたいですね。(^^♪


あと、実は私、競馬好きなんですが・・・
スプリンターズSは⑮スズカフェニックスが良いと思います。

Banner_02

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自分の「鬱」の場合(7)

前回は、2007年の7月に4回目の休職・復職までを書きました。

7月中旬に職場に戻り、はじめは順調な滑り出しを見せてました。
しかし、7月下旬には、再び休みがちになり・・・
調子は完全に戻りきってなかったようです。

そんな時、人事から部署異動の打診がありました。
私の体調を心配してくれた、人事の同期が、社内で一番平穏そうな部署を薦めてくれました。
今のままではダメだと思っていた私は、その話しを承諾しました。
トントン拍子に話しが進み、夏休みの5日前に技術から他部署へ異動となりました。
新しい職場では、暖かく迎え入れられ、順調な感じでした。

そして、夏休み・・・
ペースを崩さないように、就寝、起床時間を守って・・・
模擬通勤みたいなことをして・・・

でも、夏休み明けになったら・・・
寝れない。。。
体がだるい。。。
出社できない。。。

またまた、休みで体調を崩してしまいました。
今考えたら、夏休みの過ごし方を完全に失敗してますね。
ほとんど、休みになっていないですから・・・

結局、夏休み明けの通院で診断書をもらい、5回目の休職です。
今は、休職中ですが、少しづつ回復してます。
不眠もだるさも改善しました。
その後、イライラ感もありましたが、服薬の工夫でうまく行ってます。

順調なら、10月の中旬頃に復帰ですが・・・
どうなることやら。。。

Banner_02



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【読書】「人生は数式で考えるとうまくいく」

今回は、大村あつし氏の著書「人生は数式で考えるとうまくいく」を読んでみました。

大村あつし氏は、ITライターをしている方です。
EXCELのマクロ関連の本などは、非常に売れているそうです。

この本は、そんな大村氏が今までの人生で学んだポイントを等身大の視点で書いています。
内容、わかりやすさから見ても、良書と思います。

数式で考えるとは、以下のような感じです。

目標-現状=課題
課題=今やるべきこと

知識×経験=知恵

確かにシンプルでわかりやすいですね。

この本を読むと、共感される方も多いと思います。

大村氏は、自分が立ち上げた会社の社長の立場を追われ、落ち込んで『鬱』になったこともあるそうです。
『鬱』を克服し、ITライターとしての成功を収めた努力も素晴らしいと思います。
非常に真面目で努力家なんだなということが、文章からも伝わってきます。
座右の銘は、
「人生は負けないようにできている」
「人生は今が一番若い」
だそうです。

でも、今の私には少し違和感を感じるところがありました。
それは、大村氏が真面目で努力家であるので、
頑張り過ぎていないか?
無理していないか?
という違和感です。

本書の中でも、無理は長続きしないとの記述もありますが、
私は、すごく飛ばしているなぁ・・・
って、感じがしてしまいました。

今の自分がスローダウンしているからなんでしょうが。
「人生は負けないように・・・」

勝ち負けってあるのかな?

人生は数式で考えるとうまくいく Book 人生は数式で考えるとうまくいく

著者:大村 あつし
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月27日 (木)

ウチの嫁さん

今日は、午前中は不調で寝て過ごすも、午後は回復。
それなりに動けた。マズマズかな。

さて、ウチの嫁さんだが、私の目から見ると考え方が変わっている。

世の中、本を読んでもテレビを見ても、充実した人生を送るには、「目標」を持って、それを実現させる・・・
まぁ、こういう考えが普通ですよね?

ウチの嫁さんの場合、基本的に「目標」って設定がない人なんです。
本人曰く、やりたい事を何年も探しているが、特に見つからない。
無い物は無いんだから仕方がないと割り切っている。

その為、掃除・洗濯なども、その時の状況でやったり、やらなかったり。
もちろん、実害の無い範囲での話しです。
↑実害はないと書いておかないと、ぐうたら主婦のようで・・・

目標設定がないから、結果のみ。
できたところまでが、事実。それ以上でもなく、以下でもない。

だから、逆に出来ないことを悔やむということが少ない。
自分を責めることも少ない。

ある意味、「達観」のレベルにあるような気さえします。

F1のキミ・ライコネンがカッコイイから、F1中継を見る。
(今週は富士へ出かけることになっている。)
深夜番組のお気に入りは、面白いから毎週見る。
100円ショップが大好きで、しょっちゅう通う。

そんな日常で、楽しみ、やる事をメリハリ付けて生きている。
目標設定はないけど、日々の生活はそれなりに充実している。
こういう生き方もあるんだ。。。

実は、凄い人物なんじゃないかと、密かに思ってます。

私は、そんな嫁に良く言われるのは、
「向上心あるよねぇ・・・」
「目標って大事?」
「そういうのって無くてもいいんじゃない。疲れない?」

うーん、やはり私には理解を出来ないレベルかもしれない?
それとも、何も考えていないだけかも・・・!?

Banner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月26日 (水)

モヤモヤ

今日は、うっかり昼のデパスを飲み忘れた。
やっぱり、少しイライラしたかな。
でも、前ほどではない。

それなりに復調気配だと思う。

週末に通院があるが、まぁ順調ということになりそう。
復職は、その2週間後かな・・・

調子は良くはなっている。

ただ・・・
やっぱり何か心の底からスッキリした感がないなぁ。

なんて表現したらいいか良くわからないけど、
何かをしても、どこか違う場所から眺めてるみたい。
簡単に言うと冷めてる!?
少し、ニュアンスがちがうかな・・・

なんとなく、楽しくない。でも、苦しいわけでもない。

モヤモヤしてる。

もう少しで、抜け出せそうで抜け出せていない。

不安定、中途半端、そんな感じ。

なんて、考えるとまた悪化しそうだな (^_^;)
考えはお終い。

こうやって、文章書きながら、心の整理をつけてます。

Banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

肩の力を抜く

今日の午後、NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の再放送を見た。

テーマは、「型破り科学者,北極へ氷河に追う最強微生物謎の赤い海」とうことで、生物学者の長沼 毅 氏を取り上げていた。

生物の起源をテーマに研究している長沼氏。

テレビで見るかぎり、とても楽しんで研究・人生を送っているなと思った。
少し、笑顔が羨ましい感じがした。自分もこんな笑顔で過ごせたらいいなぁ・・・

「思い込みを捨て、思いつきを拾う」
「高い山こそ、ゆっくり上れ」
「空振りは、思いっきり振れ」

が信条だと語る長沼氏。

しかし、数年前までは、
自分の研究が現実的でないと周囲から言われ、腹を立て、
自分のポジションを確保する為に、研究に没頭する毎日を過ごしていたそうだ。
当然、周囲からも孤立し・・・疲労も溜まり・・・ついに過労で倒れた。

3ヵ月間の休養。。。

その間、中原中也の詩集を読みながら、自分がしていたとは、肩に力が入りすぎていたのでは?と思うようになった。
肩の力を抜き、周囲の意見にも耳を傾けた。
結果、事態は好転し、共同研究なども出来るようになった。
というエピソードがあった。

こう思えたことは、生物学が好きな自分が生物学に苦しめられている。
と思った事が大きかったようだ。

生物学が好きだという自分の原点。ここで人生の方向が大きく変わった。

長沼氏が言ったプロフェッショナルとは・・・
「やはり仕事をしていくと、行き詰ったり、方向性を見失ったりするんですよ。その時に原点に帰る。そういう原点を持っている人がプロだと思います。」

自分も仕事に没頭していた。
していないと不安だったから・・・だから、ひとより多く働いた。
自分の考え方を周囲にも押した。

無理は続かない。
長沼氏は過労、私は『鬱』。症状は違っても体がサインをくれた。

長沼氏は自分の原点を再認識し、人生を好転させた。

自分にとっての原点は・・・思いつかない。
なんとなく、技術者になって。。。

いや、確か、お店に並ぶ商品を設計して、それを買って喜んでくれる人を見る。
それが、自分の技術者としての原点なのかな?
だから、家電メーカに就職したんだよね。

まだ、なんとなく、フォーカスが定まっていない感じがするけど、自分の原点がもう少し見えてくれば、状況は良くなる感じがする。

でも、原点て、戻るだけじゃなく、今から創ることもできるんだよね。

Banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年9月24日 (月)

インターネットラジオ

嫁さんが、約1週間ぶりに自宅に戻ってきた。
明日からは、家事から解放される。。。(^^)v

ちょっと、イライラ感が顔を出してきていて、
少し疲れもたまっていたので、助かった感じ。
デパスを飲むタイミングをはかりつつの生活だったから。

そういったイライラを解消する為に、音楽を聴くようにしている。

普段、PCを起動して何かをしているときは、iTunesを起動して音楽をBGMとして聴くことが多かった。

ただ、問題なのは、ある程度聴いているとマンネリ感が出てくること。
CDとかも頻繁に買うわけではないし・・・

そこで、ネットで色々調べてみると・・・

インターネットラジオなるものがあると。
そこにアクセスすると、音楽やラジオ放送などが聴けるらしい。

特にYahoo! SOUND STATIONは、充実している。

ジャンルも多様だし、ある期間毎に更新されるし、無料だし!

おかげで、最近のBGMはすっかり、ココを活用している。

今も普段は滅多に聞かないクラシック(モーツァルト)等を気取って聴いている。

最近の若者向けの音楽も聴けるし、懐かしい音楽も聴ける。
↑若者の曲がわからないくらいオヤジになったってことですな(^_^;)

ネットって便利だなぁー(^^♪
としみじみ思った。

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月23日 (日)

相手の立場を考える

今日の横浜は、涼しかったですね。
やっと、秋らしい感じがしてきましたね。(^^♪

趣味の競馬中継を見ようとテレビをつけたら、自民党の総裁選挙の中継をやってました。
まぁ、当初の予定通り・・・福田さんでしたね。

首相なんて大役は、すごく大変な仕事だと思うけど、それをやりたい人って多いですね。国会議員の先生方の中では・・・

今回の安倍さんの辞任騒動の中で、おっ!と気がついたことがありました。

安倍さんの電撃辞任の後、マスコミ各社の報道は批判一辺倒でした。
キャスター、評論家、みなさん批判の嵐です。
中には、KY(空気読めない)なんて発言したキャスターもいました。

そんな中で、確か・・・テレビ朝日の朝の報道番組だったと思うのですが・・・
批判一辺倒の番組の最後に女性アナウンサーが次の一言を言いました。
「安倍さん、ご苦労様でした。」

これを言ったアナウンサーは、相手の立場で物を考えられる人だなと思いました。

子供の頃から、良く言われませんでした?
「相手の立場になって考えろ!」って。

私は、恥ずかしながら・・・
『鬱』って病気になるまで、本当の意味で相手の立場に立って物事を考えられてはいなかったなぁ・・・と反省しています。
なんだかんだ言って、自分を正当化しようとしてきましたね。

病気で自分が凄く情けないと思ったとき、でも、それが現実と受け入れていく過程で、相手の立場に立つというのは、物事を色んな側面から客観的に見ることだということを知りました。

今回の安倍さんの辞任は、国会運営の問題など、確かに批判されるところはあるとは思います。ただ、そこまでしなくてはならないくらい、一生懸命に首相の重責を果たそうとしていた事も事実だと思います。

そういう意味で、「ご苦労様でした。」という一言は、殺伐とした報道番組の中で、一風の清涼剤のように感じました。

自分もそういう言葉を言える人間でありたいと思いました。

こういうことを感じるのも、皮肉なことですが『鬱』のおかげなんですよね。

逆に『鬱』になっていなければ・・・

今ももっと狭い視野で普通の生活(普通じゃない仕事漬けの生活)をしてたんだろうと思うと、少し、ぞっとします。

Banner_02



日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【読書】「小さいことにくよくよするな!③」

今回は、リチャード・カールソン氏の著書「小さいことにくよくよするな!③」を読んでみました。副題は、「仕事はこんなに、楽しめる」ということで、仕事関係の処世術のヒント100項目が書かれています。

以前に読んだ、1作目、2作目に比べると、より具体的な記述が多くなり、なるほど・・・と思える箇所が多い感じがしました。

文章的にも、内容的にも、わかりやすく書かれているので、小さなことシリーズでは、この③1冊を読めば良いかなというくらい完成度は高いと思います。

自分を見直したいときに読むには、最適な本だと思います。

今回、読んだ中で気に入った言葉がいくつかあります。

「失敗するのは人間、ゆるすのは自分」

「求めよ、されどこだわるな」

「世の中を変えるよりも、考え方を変える方が簡単」

「今日は、残りの人生の一日目」

私も、小さなことにくよくよしない人生を目指したいですね。(^^♪

小さいことにくよくよするな!〈3〉仕事はこんなに、楽しめる (サンマーク文庫) Book 小さいことにくよくよするな!〈3〉仕事はこんなに、楽しめる (サンマーク文庫)

著者:リチャード カールソン
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月22日 (土)

承認することの大事さ

長男のサッカーチームで、父兄コーチとして練習の手伝いなどをしている。
最近は、体調が今ひとつだったので行かなったが、久しぶりに今日は参加した。

まぁ、スポーツして汗をかくのも、良いもんだなと感じた。

8月中は、ほとんど練習がなく、9月は私の体調不良で参加出来なかったので、子供達と会うのは2ヶ月ぶりくらいになる。
ひと夏を越して、少し体が大きくなった感じがした。

子供達は、夏休み中も、遊びの中でサッカーをして、色々上達したようだ。
だから、どの子も、「こんなことが出来るようになったから見てくれ!」のオンパレード。
また、練習中も、「今日の練習のMVPは誰?」だとか、「今のプレーは良かった?」だとか、とにかく主張してくる。

みんな、ストレートに「承認」を求めてくる。
いやらしさがなく、純粋に・・・
だから、こっちも「凄いじゃん」とか「うまくなった」とか「ナイスプレー」とかって声をかける。
すると、すごく嬉しそうな笑顔が返ってくる。

こういう、子供達との時間は、本当に貴重だと思っている。

考えてみれば、
人間誰しも「承認」=「他人に認められたい」という心理的な欲求があるはず。。。
自分もそうだと思う。
コーチングスキルでも、話しを聞く、承認するというのが基本となっている。
でも、子供達のようにストレートに要求できないのは、大人の辛いところかな。

そこで、必要なのが自分で自分を承認すること。
でも、これは意外と難しい。
客観的に自分を見るのが、難しいから。

病気の症状が出る時は、自分を責めることが多かったが、最近は、出来ても出来なくても、自分の中で「OK!」と思うように心がけている。
これだけでも、だいぶ気分的には楽な感じだ。

体調的には、少しイライラ感が顔を覗かせている。
なんとか、薬で抑えているが・・・
やはり、右肩上がりとはいかない。

でも、それも「OK!」  ( ̄一* ̄)b

Banner_02



日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月21日 (金)

「治る」の意味

自分自身、

治る=以前の様になる

とずっと思ってました。

今日、ネットをみていたら・・・

「うつとねこのてろてろ生活」 ってブログの中で、発見がありました。

お友達で鬱を克服した人に言われたそうですが、
「病気治るんが、元通りになるのとはちゃうで!」
という一言だったそうです。
昔の自分と今の自分は違う ということですが・・・


言われて、目から鱗って感じですね。

そうですよね。元に戻るじゃ何も変わらない。

治る=自分らしい生活をする

となるのが、一番良いですよね。

ココに気付かせてもらって、感謝です。<(_ _)>


そういえば、マハトマ・ガンジーの言葉に次のようなものがあります。

「もしも、今日私の言ったことが、昨日言ったことと矛盾するなら、それは真実を語っていないからではない。私が成長し変化するとともに、私にとっての真実も毎日のように変わるのだ。」

私も『鬱』になって価値観は大きく変わりました。
これで、元に戻ったら、意味ないですもんね。

追記ですが・・・
専業主夫状態で少し疲れが出てきたかな?
少し、イライラ感が戻ってきてますね。
でも、原因は疲れではなく、↓かも・・・

20070921








免許を取って18年間・・・初めて車をぶつけました。
車も私も凹んだ。。。(>_<)

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月20日 (木)

薬との付き合い方

今日も、嫁さん不在の中、家事全般を一通り終了。
疲れはあるが、とりあえず、なんとかこなせた。
復職に向けたリハビリのような感じだな。

さて、今日のお題について・・・
薬として、抗鬱薬、安定剤、睡眠薬などを服用しているが、今までは、あまり薬に頼るべきじゃないという固定観念を持っていたようだ。
一応、ちゃんと服用はしていたが、頓服などは、極力飲まずに過ごすことが多かったように思う。
自分として薬に依存するんじゃないかという考えがあったのかな?
薬の効きを実感すると、逆に怖さも憶えたし。。。
精神論(気合・根性論)者だからなぁ・・・(^_^;)

前々回、前回の通院で、その考え方を少し改めた。

調子が悪くなる前に、予防線を張って、早めに服用するようになった。
そのおかげで、イライラ感、焦燥感、などが大幅に低減できた。
以前なら、その症状の苦しさをなんとかしようともがいていたので、余計なエネルギーを消費していたが、症状自体が低減されることで、精神的にも肉体的にもエネルギーの浪費が無くなったように感じる。
その為、体調は右肩上がりで改善している。

多分、症状が出なくなって、減薬する時は、時間がかかると思うが、まずは状況を打開する方が大事だし。
暫くは、今のままを続けようと思う。

少し、先が明るくなったかな?

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

呼吸法

今回は、自分で実践している呼吸法を紹介します。
この呼吸法を5分ほどやると、気持ちが落ち着くと思います。

元々、小学校時代(25年前)にスイミングクラブで選手として泳いでいた時に、コーチから教えられたものです。
試合の直前などに集中する為にやってました。

心拍数が下がり、気持ちの集中ができるので、リラックス状態になるんだと思います。
私の場合、プールで泳ぐ時にこの呼吸法をやれば、息継ぎなしで30~35mは行けます。やらないと20~25mが限度です。

やり方ですが・・・

1.口からゆっくり息を吐く(5~10秒かけて、完全に吐ききる)

2.5秒ほど息と止める。

3.ゆっくり鼻から息を吸う(5~10秒かけて、完全に吸いきる)

4.下腹に力を入れて、5秒ほど息を止める

これを繰り返す。

苦しかったら、無理ない程度から始めれば良いと思います。

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月19日 (水)

疲れた・・・

今朝は、いつも通りの起床。
しかし、前日の疲れが残っている感じ。
体力落ちてるなぁ(^_^;)

子供2人は小学校へ登校。
嫁さんと末娘が準備をして、すぐに嫁さんの実家へ。
約2時間の運転。
実家について、チャイルドシートを付け替え。
そのまま、横浜へ直帰。
約2時間の運転。

一旦、帰宅後に買物、銀行へ行き、
帰宅後に、洗濯物取り込み、夕食の支度、風呂掃除・・・
夕食後は食器洗いに洗濯物たたみ・・・

家事はやりなれていない分、私にはしんどい。。。
嫁さんのありがたみを再認識。

このペースでは、多分、体に反動がきそうなので、明日からはペースダウン。
今日、カレーをたっぷり作ったので、3日間はこれでしのげる。
子供はカレー好きだしね。

子供も寝たし、ゆっくりリラックスの時間を取ろうと思います。

でも、疲れた。。。

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月18日 (火)

専業主夫になる!?

今日は、ドタバタで疲れた一日となった。

午前中、義理の母(一人暮らし)が転倒し、右足を骨折するアクシデントが起こった。
すぐに病院へ駆けつけたが、入院は約2ヶ月程度必要とのこと。
今週の金曜日に固定する手術をする予定となった。

ということで、
嫁さんと末娘は今週中は、母の看病&その他諸々の手続きなどで、家を空けることになった。
今日は一旦家に戻ったが、明日以降は、私と長女、長男の三人での生活となる。
暫くは、専業主夫になる。

『鬱』は、回復傾向だが・・・
家事全般をこなすのは、きついかな?・・・
結構、不安だ。(^_^;)

まぁ、無理せず出来る範囲でやるしかないが・・・
自分の「~しなくちゃいけない」という考えでプレッシャーを感じてしまっている。

来週以降は、母の病状次第でどう対応するか決める予定。
さて、どうなることやら・・・

まぁ、なるようになるさ・・・くらいで行こうと思っている。

Banner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月17日 (月)

チャンスの後にはピンチあり

私は、スポーツやるのも好きですが、プロスポーツ観戦も好きです。
プロ野球、Jリーグ、サッカー代表戦など、毎年、観戦に行ってます。

すっかりテレビ中継の少なくなったプロ野球ですが、
セリーグ、パリーグとも首位争いが熾烈を極めて面白いと思います。
セリーグの御贔屓チームは、16日時点で3位ですが・・・頑張れ!
Jリーグの御贔屓チームは、2位です。こっちも頑張れ!

スポーツを見ていると思うのですが、勝負の流れってありますよね。
ピンチの後にチャンスあり。また、その逆の場合も。

『鬱』の回復期もこんな感じなんですかね。
昨日は調子が良くて、ブログにも書きました。
ただ、昨日の夜には疲れた・・・と感じてました。
少し、飛ばしすぎたのかも・・・

おかげで、今日は、朝は目覚め今ひとつだし、午後は倦怠感が出るし・・・
でも、薬でうまくやり過ごせましたけど。

やっぱり、良くなって、悪くなっての繰り返しで少しづつ回復なんだなぁと改めて実感しました。
あと、予想以上に体力的に低下している感じがしますね。
少し、体を動かしながら、体力の回復も図らないとね。

とにかく、焦らず、じっくり、ゆっくりを言い聞かせてます。
すぐにオーバーペースになっちゃうからね。(^_^;)

Banner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月16日 (日)

今日の朝

昨晩は久しぶりに熟睡した感じで、今朝は目覚めも良かった。

やはり、昼間のデパスを追加して、夕方のイライラ感が出なくなったことで、だいぶ楽になったみたい。
今日の昼間も、かなり動けて・・・
買物に外出したり、車にETC(もらい物)を付けたりと一日中動いていた。
こんな感じは、ホントに久しぶりだ。
この調子が続けばいいな。
(まぁ、右肩上がりが続かないとは覚悟しているけど・・・)

今日は、家で一番の早起き。
日課にしている、朝一番で庭に出て、
朝日を浴びながらの一服 (-。-)y-゜゜゜

その時に思わぬ珍客が2匹。
バッタとムカデ。

070916_1

070916_2_2





2匹とも大きかった。

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月15日 (土)

少し楽になってきたかな?

昨晩は寝つきが悪かったものの、なんとか眠れた。
早朝覚醒もなく、予定時間より少し早めに起床。
気分的には、マズマズ。

昨日の診断で、薬を昼のデパスを2錠に増やしてもらった。
というのも、夕方にイライラする時間帯があるので、
頓服として、昼1錠、3時頃に1錠みたいに調整OKということで、
うまく服用してイライラをなくそうという試みの為。

今日は、4時頃にデパスを1錠飲んだら、夕方のイライラが抑えられて、いい感じで過ごすことが出来た。(^^♪
個人的にデパスは良く効くみたいなので、暫くは、うまく薬で調整できればいいなと思っている。
ただ、眠気も伴うので、昼寝し過ぎないように注意は必要だけど。。。

今までは、調子悪い時に、自分で気分を変えて、上げようとしていた。
でも、それは無駄な努力と悟り、耐えることを覚えた。
今回は、薬の力を借りて、耐える負担を軽減させようとしている。
もう少し、初めから、こうしていれば良かったのに、気付くのに時間がかかった。(^_^;)
前に「病識」を持つという内容を書いたけど、やっと、気持ちがそこにたどり着いたって感じかな。

気分的にも、少し何か動こうという気持ちが出てきたので、
軽い散歩程度から、体も動かしていこうと思い始めた。

こういう気持ちも、久しぶりで、回復は順調に緩やかな上向き。

まぁ、焦らず、ゆっくりを基本にボチボチやろうと思う。

Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月14日 (金)

通院日(9/14)

今日は、2週間ぶりの通院日でした。

日内変動の悪い時間と診察時間が重なったので、待っている時にイライラしてましたね。

で、診察結果ですが・・・
とりあえず、更に1ヶ月の休職必要ってことになりました。

まぁ、一時期よりはだいぶ回復傾向とはいえ、自分でももう少しという感覚だったので、妥当なところでしょうね。
また、会社へメールで連絡して、診断書を送らなきゃね。
無理して戻って、すぐにダウンじゃ話にならないし。

今までと変わった点があって、
今日はけっこうイライラしていたんだけど、主治医からは、
「あまりそうは見えない。前は、調子悪い時はもっとそれなりに見えた。」
と言われたこと。

調子悪い時は、あきらめて何とかしようと思わなくなったからかな?

主治医からは、「それはいいことだ。」
と言われた。

少し、『鬱』との付き合いがうまくなったのかな?
まぁ、ゆっくりやろうと思います。

お薬は・・・

朝:デプロメール50mg×1
昼:デパス0.5mg×2(頓服)
夕:デプロメール50mg×2、ルジオミール25mg×1、デパス0.5mg×1
夜:デパス0.5mg×1、アモバン7..5×1

ということで、昼間のデパスを2錠に増やしてもらいました。
時間をずらして、夕方のイライラ時間を減らす為です。

とりあえず、今回は以上。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年9月13日 (木)

通院日を前に2週間を振り返る

明日は、2週間ぶりの通院日です。
前回は、空いていたけど、今回は予約満杯状態のようで、薬屋さんに間に合うか?心配してます。

2週間・・・これといったこともせずに漠然と時間だけが過ぎた気がします。
このブログ自体が、自分の調子の記録みたいなものなので、通院日の前に2週間分を読み直して、調子のバロメータにしてます。

2週間を振り返ると・・・
先週末までは、調子低調のまま。
火曜日くらいから少しづつ上昇。
昨日、今日あたりは、だいぶ落ち着いてきた感じですね。

ただ、復職となると・・・
自分では、判断つきませんね。

夜の睡眠障害は、だいぶ良くなったし、朝もキチンと起きているんですが、一度起きて、朝食後に動けなくなるんですよね。
眠気と倦怠感・・・
これが、まだ完全には取りきれてないですね。

それと・・・
まだ、自分の中でやっていける自信というかモチベーションというか・・・
不足している感じがします。

また、復帰してすぐ休むでは、かえって迷惑をかけるし。。。
どうしたものですかね?
まぁ、今さら焦っても仕方ないですけどね。

明日、主治医と良く相談して決めようと思います。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月12日 (水)

この国は・・・

今日は、比較的平穏に過ごせた一日でした。
気分的にも、ほとんどフラットで・・・マズマズ(^^♪。
読書もできたし、集中力も少し復活!

でも、日本では、ビックニュースで一色ですね。
テレビは、あんまり見ないけど・・・
評論家、コメンテイターなどが、辛口トークを展開してますね。

自分は、『鬱』になって一つ学んだ事があります。
それは、人間って凄く弱いってこと。
そんな弱さを克服しながら、生きてるってこと。
だからこそ、実績を残した人は、それなりに尊敬されるべき。

首相だって、横綱だって人間ですから。
そりゃ、挫けるときも、間違いを犯すこともありますよね。

でもね、そういう人たちは、同時に普通の人以上に頑張っていた日常があるはずです。
そういうことを出来もしない人間がとやかく言うのはどうかと思いますね。

まぁ、この国は減点主義だからね。
仕方がないけど・・・

安倍さん、ご苦労様。<(_ _)>
朝青龍、絶対復活してね。(^^)v
って、私は思ってます。

と同時に、
自分に対しても「絶対に負けない!あきらめない!信じる」
と思ってます。
会社での査定は下がる一方だけどね。(^_^;)
まぁ、これは当然で仕方ないんだけど・・・いつか、取り返してやる!
(まぁ、ゆっくりとね・・・)

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【読書】「失敗力」

今回は、ハイブロー武蔵氏の著書「失敗力」を読んでみました。

ハイブロー武蔵氏は、ビジネスエッセイストをしている方です。
一貫して、読書の素晴らしさ、重要さを説いています。
基本的にすごく前向きな(ポジティブシンキング)の本が多いです。

この本は、失敗というマイナス要因を如何にプラス化していくのか、
その意味、考え方などが非常にわかりやすく書いてあります。
ちょっと失敗して、元気がないときなどに読むと勇気づけられると思います。

今の自分を鼓舞するには、少し前向き過ぎな内容かなと思いましたが・・・
それでも読んだ後は、久しぶりに自分の気持ち中にモチベーションの高まりを感じました。
自分は、単純なもんですぐに影響される(^_^;)

この本の中で心に残る良い言葉が幾つかありました。
その中でも、下記の一文は、特に響きましたね。

心の元気が抑えられてしまった時・・・

じっと待つ。
必ず、心晴れやかな気分になれるときが来る。
それまでは、夜明け前の静けさと思うのだ。
爽やかな朝日が、東の空から昇り、地上を照らし出す。
よし、自分の時間だ。
元気良く、前向きに、よい仕事をし、自分を生かす時間だ。
自分を支えてくれる人たちに心から感謝しよう。
すべてのものに命を与えてくれる太陽に感謝しよう。
いずれ、また夜が来たときも、自分を信ずる気持ちをしっかりと心の奥に秘めて、静かに眠りに入ろう。
次に必ず、素敵な太陽、全能の太陽が昇ってくれるのだから。

自分にも早く「自分の時間」が来るようにと思いますね。
今は、まだ待ちだけど・・・

失敗力―失敗から学び、成長する力のつけ方 Book 失敗力―失敗から学び、成長する力のつけ方

著者:ハイブロー武蔵
販売元:総合法令出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月11日 (火)

降ったり止んだり・・・

今日の横浜の天気は、雨が降ったり止んだり・・・
今さっきは、ザーッってかなり降ってたけど、今は止んでるみたい。

夏休みを含んで、もう、1ヶ月出社していない。
その間も良くなったり、悪くなったり・・・
今日の天気みたいだな。

今週末の通院で、復職の判断する予定だけど、
自分では、どうなのか?良くわからない。

今日は比較的、普通に過ごせた一日だったけど、
明日はどうなるか?
明後日は?

先の心配してもしかたがないのにね。(^_^;)
どうしても考えてしまう。こういう性格なんだろね。

だから、この前の記事で「今」に集中するって書いたんだけど、
頭でわかっていても、気持ちがついていっていないね。

こんな調子じゃ、復職出来る気がしないね。
すっかり自信が無くなったなぁ。。。

毎朝、歯磨きとかで鏡と向き合った時に、
「目が死んでる」んだよね。

ホントに治るのかなぁ。。。この病気。。。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「今」を意識する

これは、手軽にできる方法で、それなりに効果があると思います。

例えば、次の日の事が不安に思える時過去の失敗を悔やむ時など、自分の意識が「今」ではなく、「過去・未来」に向いていて、その為に不安になっている時に有効だと思います。

1.まず、リラックスした姿勢をとります。
2.自分の呼吸に意識を集中します。(1分ほど)
3.自分の心臓の鼓動に意識を集中します。(1分ほど)


普段、意識をしていないところに意識を集中させることで、「今」に意識を集中させます。

不安なことは、「今」ではなく「過去・未来」にあるのですから、「今」に集中することで、不安感を抑えることができるはずです。

とりあえず、「過去・未来」を考えないように・・・
「今」に集中することだけを考えます。
多分、「今」には不安の原因はないはずですから・・・

一度、お試し下さい。<(_ _)>

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 9日 (日)

ダメな時に思い出す言葉

今日はホントにダメ。
一日、ほとんど動けず。

ひたすら、薬飲んで、我慢・・・

まぁ、4:30に寝たんじゃ無理ないかも知れないけど、
倦怠感ひどくて、眠気も強いし、一日中、家の中でゴロゴロ。

調子の波もあるのはわかっているけど、
こういう日もあるのはわかっているけど、
ホントに辛い。

今は少し、落ち着きつつあるものの・・・
いつまで、続くのかなぁ?

出口が見えない日々には、心が折れそうになる。
悔しいし、情けないしね。

そんな時に思い出す言葉がある。
「悔しいと思ったら・・・また強くなれる」 by 中村俊輔

いつか、病気を克服したら、前より何倍も強くなれると信じて・・・
今は、ひたすら耐える!

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

心の余裕がないね

今夜も調子が悪い。

ホントに落ち着かない。
イライラしてる。

何がイラつかせる?
自分の調子の悪さがどうにもならないから?
薬が効かないから?
眠れないから?

頭は、キンキンに冴えてる。
寝れそうもない。
でも、集中力もない。
何かする気もない。

おっ。
サッカー(U-22)やってるじゃん。
とりあえず、見ますか・・・

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 7日 (金)

調子悪い日の夜は

今日は調子悪いね。

動けない。
動く気ない。
イライラしてる。

とにかく、憂鬱・・・

あがいても無駄。
薬も効きは今ひとつ。
お風呂も効果少ない。

思考もネガティブ・・・

台風の影響による今朝の通勤の混乱を避けて、
今日の仕事の為に自宅に帰らず、
都内のホテルに泊まる人も多かったとか。

何の為の仕事?
そこまでしなくていけない?

仕事、私生活・・・
自分のスタンスが、
わからない。
決まらない。
決められない。

こんな夜は、薬を飲んでさっさと寝たい。
でも、寝つきわるいだろうな・・・

とにかく、時間が経てば、少しは気分が良くなるはず。
それまでは、ひたすら我慢、我慢・・・しかない。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 6日 (木)

台風一過を待つ

台風9号が近づいてきましたね。
今(22:10)、横浜は風雨共に強くなってきてます。
ピークはこれからみたいですが・・・

外では、雨が急に強くなったり、少し弱まったり・・・
台風の雲にムラがあるので、こんな感じなのかな。

なーんか、この感じって・・・
自分の『鬱』みたいな感じ。

明日の昼頃には、台風一過で、良い天気になるはず。
『鬱』も台風一過と行けばいいのにな・・・
と思ったりもする。
そうはいかないけどね。(^_^;)

結局、昨日は3時間ほどしか眠れず、昼寝を2時間ほど。
今日は、日内変動はほとんどなく、昼間は安定剤(デパス)不要だった。
今は、いつもよりは悪いが、それなりに落ち着いている。

まぁ、台風一過とは行かなくとも、少しづつ安定方向だし、
焦らず、長い目で行こうと思う。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あれっ? 寝れない・・・

どうしたのかな?
今日は、寝れなくなってしまった。

まぁ、休職中なので、寝なくても良いんだけどね。

最近、調子良くなりつつあったのに、残念(>_<)

台風が近づいているからかな?
横浜あたりは、直撃っぽいしね。

とりあえず、暑いし、何もすることがないから、ブログに書き込み。

「調子悪い。寝れない。辛い。」以上!

それ以下でもそれ以上でもない。
こういう病気だから、何とかしようともがくのは無駄。
調子上げようとしても上がらない病気だから。

とりあえず、タバコ吸って、水飲んで、音楽でも聴いてみますか・・・

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年9月 5日 (水)

スケジュール手帳

私の場合、スケジュール管理は手帳でやっている。
PDAとか携帯電話とかも試したが、やはり手帳が一番!

しかも、見開きで1週間分、縦書き、時間軸付き・・・
などのこだわりがある。
なかなか良いのがなかったのだが、
4年前に使いやすい手帳を発見。(^^♪

ここ4年間は同じ手帳を使っている。

基本的に手帳は捨てない主義なので、
机に保管してあるのだが・・・
すこし、スペースが無くなってきたので、場所を移動した。

ふと、2004年のスケジュール帳を開いて、今日のページを見てみた。
かなり、ビッシリと予定が入っている。
社内会議やメーカとの打ち合わせなどなど・・・
なかには、21:00~打ち合わせ なんてのもある。
ほとんど、打ち合わせで一日が終わっている日もあるなぁ(^_^;)

そこで、今年のスケジュール帳だが・・・
休職中の為、当然、真っ白・・・
来週分も通院以外の予定はない。

ここで、2つの考え方がある。

1.予定が何もないなんて、寂しい。
  ⇒ 昔はバリバリ仕事してたのに・・・今は・・・

2.予定が何もないなんて、素晴らしい。
  ⇒ なんでも好きなことやれる(^^♪

まぁ、理想はバランス良くなんだろうけど、極論だとこの2つの選択肢かな?

『鬱』で調子の悪い時は、多分、1の考えになると思う。
落ち着いているなら、2も考えられると思う。

今日は、1と2と二つの選択肢を考えられた。
物事を両面から見れているので、調子はマズマズなんだなと少し安心。

まぁ、あまり日々の調子に一喜一憂しても仕方ないけどね。
悪いよりは、良い方が良い。


手帳っていえば、同じサイズのノートも持ち歩いている。
これは、本や人の言ったことなど、気に入った言葉をメモするのに使っている。

φ(.. )メモシテオコウ

時々、見てみるのだが・・・
今日、目にとまったのは、リチャード・ブロディ氏(確かMS Word開発者?)の言葉。

「人生では、どんな時でも、つねに選ぶことはできる。」


さっきの手帳の話しだけど、
今の私は、2の考えを選ぶ。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【読書】「座右のゲーテ」

今回は、齋藤 孝 氏の著書「座右のゲーテ」を読んでみました。

なんだかんだと齋藤氏の著書を多く読んでいるんですが、
今まで読んだ本で持っていたイメージは自分とは随分違う人種の人だなぁ・・・
といった漠然としたイメージでしたが、今回の本でそのイメージが一新されました。

この本の副題は、
「壁に突き当たったときに開く本」
なんですが、
齋藤氏も色々と悩んで苦労して、
現在のスタイルを構築したんだなぁ・・・と少し親近感を覚えました。
そういう熱さが伝わる感じがしました。

この本は、「座右の諭吉」の前作にあたます。
「ゲーテとの対話」というエッカーマンの著書からポイントを書き出し、
それに解説を加えると言った内容になっています。

この本の中では、以下の項目がピンときました。

「最高を知る」
・・・最高を知らなければ、正確な判断基準が持てない。

「現在というものに一切をかける」

「詩的に考える」
・・・散文的に考えることも必要(私はこれが苦手(^_^;))

「過去に執着しない」


特に「最高を知る」ってことは、必要かもしれないですよね。

私も自己啓発本をいくつも読みましたが、
D・カーネギー「道は開ける」「人を動かす」を読んで以来、
他の本がかすんでしまいます。

一からゲーテを読んで身につけることは出来ないですから、
簡単にエッセンスを読めるこの本は、オススメの一冊と思います。
何かしら、気付きがあるのでは?

座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書) Book 座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)

著者:齋藤 孝
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

道は開ける 新装版 Book 道は開ける 新装版

著者:デール カーネギー,Dale Carnegie,香山 晶
販売元:創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


人を動かす 新装版 Book 人を動かす 新装版

著者:デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
販売元:創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【読書】「のび太」という生き方

今回は、横山泰行氏の著書「「のび太」という生き方」を読んでみました。

横山氏は、富山大学の教授で、「ドラえもん学」という分野の創始者です。
ゼミもやっているみたいです。
涼味のある方は、下記のホームページにアクセスしてみると良いかも知れません。
【ドラえもん学コロキアム】


最近、睡眠障害に苦しんでいました。
しかし、ウチの嫁さんは布団に入って1・2・3・・・グー とのび太くん状態です。
いつも「お前は、のび太くんで良いよな・・・」と言ってました。

そんな中で、このタイトル・・・
思わず購入してしまいました。

さて、内容ですが・・・
皆さんは、「のび太」に対してどういうイメージを持ってますか?
何をやってもうまくできない落ちこぼれ。
ドラえもんがいなかったら・・・いつも頼っている。
こんな感じではないでしょうか?

のび太 ○ー○へ・・・・・へ(εoεへ))))ドラえも~ん

((≡ ̄♀ ̄≡))/T タケコプタ~

でも、横山氏の指摘によると・・・
意外とそうでもないんです。

・常にへこたれない
・行動力がある
・意外と努力家
・好奇心旺盛
・負けず嫌い

などの側面が見えてきます。
確かに言われてみると・・・
思っていた以上に、「ドラえもん」はメッセージ性の強い作品で、人気が長く続く理由もわかる気がします。

こういったのび太の方法を「のび太メゾット」と名づけ、解説を加えています。

いかに「負組みのび太」が「勝ち組のび太」になったのか?
(「勝ち組=しずかちゃんとの結婚」)
(出来杉くんはなぜダメだったのか?etc.)

結構、面白く、納得できました。
この本に出てくる「ドラえもん」の話しは、大部分、昔に読んだ記憶があり、私も結構ドラえもんを読んだんだなぁ・・・と思いました。

著者には、「ドラえもんの「育て力」」という別の著書(「ドラえもん式人材育成術」)があるようあので、そっちも読んでみたい気がします。

「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。 Book 「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。

著者:横山 泰行
販売元:アスコム
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ドラえもんの「育て力」―人生に必要なことは、すべて「ドラえもん」が教えてくれた! (East Press Business) Book ドラえもんの「育て力」―人生に必要なことは、すべて「ドラえもん」が教えてくれた! (East Press Business)

著者:横山 泰行
販売元:イーストプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 4日 (火)

精神科という偏見・・・

今日は、昨日よりは穏やかに過ごせた一日。
睡眠は、だいぶ改善されたが、起きた時は良いが、そこから1時間くらいで調子が↓という傾向は変わらない。
昨日よりは、変動幅は小さかったけど、微妙な気分だった。

例によって、今現在は落ち着いています。

さて、本題・・・
最近、私の住んでいる地区に精神科の病院ができるという噂を耳にしました。
嫁さんが子供会の役員をやっている関係で、自治会の情報も入ってくるので、情報ソースは、そこです。
ただ、精神科の病院というだけで、詳細は良くわからないという状態らしいです。
自治会長さんとかが、情報を集めて、対応に追われている・・・
なんて、感じの話しです。

精神科の病院っていっても、診療内科の開業医から重症な入院患者を扱う病院まで様々あるのに・・・
詳細はわからないが、精神科というだけで、こんな反応・・・
やはり、世間の偏見ってあるんですね。

まぁ、私も自分が心療内科にかかっていなかったら、同じような反応をしていたかも知れないですけどね・・・(^_^;)

最近、NHKとかが『鬱』の特集とかをよくやっているので、少しは啓蒙活動は進んでいるのかと思いますが・・・
30代の鬱をテーマにした番組を見て、
ある意味、「自分って時代の流行の最先端じゃん(^_^;)」
なんて思ったりして(笑)

個人的には、今の病院(大きな病院の心療内科)は治療に関しては問題ないのですけど、とにかく混んでいる。
しかも、平日のみの診察。
調子が悪くなっても、すぐに通院できない。(完全予約制の為)

近所に良い心療内科があれば変わりたいなぁ・・・
なんて漠然と考えていたんですが。

さて、この精神科の病院の騒動はどういう結末を迎えるのかな?
そういえば、数年前に、近所で動物病院の開業を巡って、地域の反対運動で中止になったケースがあったっけ。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 3日 (月)

今日は日内変動が激しい

今日は、日内変動が激しかったですね。

午前中は、前向きにブログを書いたりして、調子は良かったのですが・・・

午後に入って、一変。
調子↓。

今までだったら、調子を上げようと何かをしようとしたところですが、
前回の通院での嫁さんの指摘事項「頑張って、治そうとしている」に対する主治医の賛同の言葉、「調子を上げようと思って上がる病気ではないですから・・・」

そうか!
「調子を上げようとしても上がんないんだ!」

ということで、
午後は「調子、悪い。」以上
って感じで、何をするでもなく過ごしてました。

夕食後の服薬とお風呂のおかげで、今は落ち着いています。

「調子、悪い。」以上・・・
って、対応方法は結構良いかも。
事実のみ把握、後は何もしない。
もがくよりは、苦しさもマシだし、エネルギー消耗しないしね。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【読書】「かなり気がかりな日本語」

今回は、野口恵子氏の著書「かなり気がかりな日本語」を読んでみました。

野口氏は、大学等で日本語・フランス語の教師をしている方です。

内容は、題名の通り。
最近、様々な場面で使用される、間違った日本語の使い方を例を挙げて、何がいけないのかを解説しています。

外国人の方に日本語を教えている方なので、外国人に教えようのない新しい日本語の使われ方に大きな疑問と危機感を感じているようです。

確かに、例に挙げらている文章を見ると、ちょっと・・・(^_^;)
という文章もありますが、意外とコレはコレでいいんじゃないか?
という文章もあります。

言語はコミュニケーションツールですが、実際の会話では、言語より視野からの情報(相手の様子、態度など)の方が遥かに多いといいます。
確かにラジオ放送などでは、言語が100%なので、大事かなとは思いますが・・・

・相手に正確に伝える
・相手に不快感を与えない

範囲であれば、言語が変化していくのも時代の流れかと・・・

だって、江戸・明治・大正・昭和・平成と少しづつ日本語も変化しているわけだし。
例に多いのは、尊敬語、謙譲語の使い方ですが、目上の人に敬意を示すという前提が崩れつつあるので、この辺に誤った使い方が集中しているのではないでしょうか?

それより、ウチの子供達(小4、小2、幼稚園)は、「昭和時代」ってよく言います。
私としては、「昭和時代」って言葉の方が違和感ありますね。

どちらにしても、物事は不変ではない・・・ということだと思います。

かなり気がかりな日本語 (集英社新書) Book かなり気がかりな日本語 (集英社新書)

著者:野口 恵子
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

『鬱』のメリット!?

涼しいせいか、良く眠れました。(^^♪
朝日を浴びながら、タバコも吸いましたヨ (-。-)y-゜゜゜

おかげで、気分的には久しぶりに平穏な時間を過ごせています。
冷静だし、時間もあるので、少し『鬱』について、前向きに考えてみました。


皆さんは、「自分は運がいい(^^♪」と思っていますか?

「運がいいとは、物事をポジティブに考えることだ。」
という言葉がありますが、自分としては、まさにその通りと思っています。

というわけで、
今日は、『鬱』が自分にとって何をしたか・・・
メリットとデメリットについて整理してみたいと思います。

〔デメリット〕

 ・非常に苦しい
   -切迫感、焦燥感、イライラ
   -睡眠障害
   -過呼吸
   -自殺願望etc.

 ・日常生活に支障あり
   -会社を休職(収入減)
   -外出などの用事ができない

※自分にとってのデメリットなので、周囲(家族・両親・同僚)に心配、迷惑をかけたは除く。

〔メリット〕

 ・健康のありがたさを痛切に感じた

 ・家族と多くの時間を過ごすことができた
   -特に子供達と過ごす時間が多くなった
   -家族の大切さを感じた

 ・嫁さんとの信頼関係が増した

   -嫁さんの長所を多く見つけた

 ・『鬱』という病気について正しい知識を得た


 ・何もできない状況になってしまう人の気持ちを理解できた

 ・自分と向き合う時間を多くとれた
   -自分の弱さも認識できた

 ・普通の人間らしい生活をするようになった
   -深夜残業が当たり前の生活からの脱却

 ・多くの本を読む時間が得られ、物の見方が変わった
   -視野が広がった/他人の話を聞くようになった

 ・仕事(働くこと)の意味が変わった
   -勝ち組/負け組みと考えなくなった


自分でも驚きですが、整理してみると、デメリットよりメリットの方が多い感じがします。

もちろん症状が強く出ている時は、そんな風には考えられませんが・・・
今は、落ち着いて冷静なので。(^_^;)


もうひとつ、考えてみました。
もし、あの時、『鬱』になっていなかったら・・・

・もしかしたら、過労で倒れていたかも知れない。
(最近、同僚が心臓発作で急死しました。ショックでした。)

・もしかしたら、家庭崩壊していたかも知れない。
(以前のままの視野の狭さで仕事をしていたら・・・)

少なくとも、『鬱』にならなかったら、
一人の人間としての成長の差は大きかったと思います。


今は、普通の生活に戻ることが最優先なのですが、
将来的には、今の経験を活かして世の中に貢献できれば・・・
などと、少し前向きなモチベーションも出てきています。

とりあえずは、今の平穏な気分が続くようにと思って書いています。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 2日 (日)

少し睡眠が改善傾向に

ずーと、睡眠が悪くて(寝付き悪い、早朝覚醒など)。

朝から倦怠感に襲われていた日々でしたが・・・

ここのところ少し涼しくなったせいか、
多少、睡眠が改善してきました。(^^♪

それと、夜のリラックスに加え、朝に一工夫入れるようにしました。

睡眠は、ご存知のようにレム睡眠、ノンレム睡眠の繰り返しになってます。
だいたい、1.5時間周期らしいです。
ですから、寝る直前に目覚ましを6時間後(=1.5×4)にセットするようにしました。
確かに目覚めが良いです。

もう一つは、朝、起きたら、庭へ出て、太陽の光を浴びながらタバコを吸っています。
(健康的だが、タバコは不健康だな(^_^;))
人間の体内時計は25時間周期らしいのですが、
光を浴びるとリセットされるようです。
眠りたい時間の14~16時間前に光を浴びると良いようです。
午前6~7時に起きて、23~24時に就寝ってパターンですかね。

なんでも、ブルーマンデーの原因は、日曜日の朝寝坊にあるという説もあるそうです。
日曜日の朝にしっかりリズムを作ると、月曜日が楽になるかも知れません。

また、明日から暑くなりそうなのでどうなるかはわかりませんが、
とりあえず、朝は太陽を浴びたいと思っています。

しかし、日中は何もする気がしないので何もしてないのですが・・・
ジタバタせずに、そのまま・・・まったり・・・は続いています。

とりあえず、最低あと2週間は休職継続ですので、
ゆっくりやりたいと思います。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「自律訓練法」

『鬱』の場合、イライラ感、切迫感などを感じることが多いと思います。
私の場合、精神的に緊張状態が続いて、ピリピリしている時期もありました。

何か良いリラックス法はないか・・・
と探していると、図書館で「自立訓練法」なる書籍を発見。
試したところ、意外と効果があり。
ただし、コツを掴むまで多少時間が必要ですが・・・
私は、毎晩寝る時に実践していますが、うまく出来ると寝つきが良くなります。

で、その自律訓練法ですが、以下の公式を心の中で唱えて、自己暗示(自己催眠)を促す方法です。
一応、医学的にも効果が認められている方法です。

楽な姿勢で、以下の公式を唱えます。

基礎公式 「気持ちがとても落ち着いている」
第1公式 手足の重感「手足が重たい」
第2公式 手足の温感「手足が温かい」
第3公式 「心臓が静かに打っている」
第4公式 「呼吸が楽にできる」
第5公式 「お腹が温かい」
第6公式 「額が涼しい」

第2公式まで出来れば、ほとんどリラックス状態をつくれます。

詳細なやり方については、以下のリンクを参照すると良いと思います。

「全国生協連のHP」

もしくは、「自律訓練法」の書籍も多く出ているので、そちらを参照するのも良いかも知れません。

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

調子は平行線だが

今日も調子は平行線。

でも、今日は少し楽な気分でいます。

昨日のブログでも書いたけど、早く治したいって気持ちが空回りして、
調子が悪いと調子を上げようと何かをしようと思うのをやめました。

調子が悪い時は、「今、調子わるいなぁ・・・何もしないでいよう・・・」
って感じで、まったりと過ごしてます。
けっこう、こういう対応って難しいですね。
実際にやってみると。

今までは、努力と根性で何とかしようとしてきた人生だったからね。
何もしないで、現状を可もなく不可もなく、ありのまま受け入れる。
↑やっぱり、性格的に難しいなぁ。

最近、気に入っている言葉を
「自分の人生は、いつでも自分が選択することができる」
「どうするか?ではなく、どう生きるか?と大局で考える」

人気blogランキングへ
参加してます。応援の1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »