« 気分も新たに・・・ | トップページ | 今夜は友達と »

2007年8月13日 (月)

減点主義を見直すと

日本って国は、よく、「減点主義の国」だと言われる。

確かに、何か出来ないことや悪いことがあると、途端に非難が集中する。
ホリエもん、安倍首相、朝青龍・・・例をあげればキリがない。
当然、責められるべき部分もあるが、逆に評価されるべき部分もあるわけで、デジタル式に0 or 1とは、いかないはずだが・・・

この1月から、子供のサッカーの父兄コーチを引き受けている。
(まぁ、正規のコーチのお手伝い兼試合の引率者ってとこだが・・・)
子供達と触れ合う時間は、自分にとってストレスのない時間であり、元々は病気回復へ向けて体力面の回復と精神面の充実が図れると思って始めた。
ただ、最近、違う意味でこのコーチが面白くなってきている。

子供達は、出来ないことを指摘されるとテンションが↓
出来たことを誉めるとテンションは↑
非常にわかりやすい。(笑)

当然、良い部分を見つけ、そこを誉めまくる。
結果が良ければ、最大限持ち上げる。
嬉しそうにして、練習でも頑張る。その子はまた伸びる。

最近、ウチの息子がリフティング大会で2位になって賞状をもらった。
初の賞状が嬉しかったらしく、リフティングの練習を熱心にやっている。
夏休み中に新記録を次々と出している。

そこで考えた。
「失敗する=自分を責める」という考えを捨てようと・・・
「自分には失敗する権利がある」と考えようと・・・
失敗をしない人間はいないわけだから、当然、自分にも失敗する権利はある。

そして、良い部分に目を向けようと・・・
「好調時には欠点を直し、不調時には長所を伸ばす」
これを実践していこうと思う。

人気blogランキングへ
参加してます。クリックお願いします。

|
|

« 気分も新たに・・・ | トップページ | 今夜は友達と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7527657

この記事へのトラックバック一覧です: 減点主義を見直すと:

« 気分も新たに・・・ | トップページ | 今夜は友達と »