« 不安・期待・複雑・・・ | トップページ | 金曜日は良い気分(^^)v »

2007年8月 3日 (金)

【読書】「コーチングが人を活かす」

今回は、鈴木義幸 氏の著書「コーチングが人を活かす」を読んでみました。

鈴木氏は、
以前に紹介した書籍「コーポレート・コーチ」の株式会社コーチ・トゥエンティワンに在籍する国際認定コーチの方です。

私自身、最近、この「コーチング」というものに非常に興味を持っています。
書籍「コーポレート・コーチ」の紹介の記事でも書きましたが、
株式会社コーチ・トゥエンティワンのメルマガを毎週楽しみにしています。

というのも、私は「人の話しを聞くのが苦手な人間」です。
どうしても、自分の主張を前面に押し出してしまいます
冷静になれば、分別はつくと思うのですが、熱くなると・・・ダメです。

性格的に「~あるべき」、「~しなければならない」と考えてしまう完璧主義的な所があり、現状の自分と理想の自分のギャップに悩むところがあるようです。

自分の「鬱」の原因となっているストレッサーは自分自身なんです。

「コーチング」とは、効果的な質問を通して、本人の中にある解決策を引き出すということが最大の特徴になります。
巷には、「コーチング」の本が多く出版されていますが、個人的には、株式会社コーチ・トゥエンティワン関連の書籍が良いなと思っています。
自分も講習を受けてみたいですが、なにせ高額なもので・・・
いつか、会社でスキルアップの為に受講できたらと思っています。

なぜなら、「コーチング」は、「鬱」の治療のサポートになるのではないかと感じているからです。
質問と通して、自分の中に良いイメージを描くモチベーションを上げる他人との円滑なコミュニケーションスキルが身につくなどの効果があるからです。

「鬱」の治療サポートとして、「カウンセリング」などもありますが、こちらは話しを聞くのが主となると思います。

「コーチング」なら、一歩進んで、自らが行動していこうというところまで持って行くということなので、更にサポート効果が高いように感じています。

今は、本格的なコーチングの講習は受けれませんので、メルマガや書籍などを読み返し、「セルフ・コーチング」を試みています。
やると、気分的に楽になったような気がします。

今回の書籍でも、「失敗する権利を与える」「絵を差し替える」「ほめ続ける」などの項目は非常に参考になりました。

一読の価値はあると思います。
いかがでしょうか?

コーチングが人を活かす―やる気と能力を引きだす最新のコミュニケーション技術 Book コーチングが人を活かす―やる気と能力を引きだす最新のコミュニケーション技術

著者:鈴木 義幸
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する


コーポレート・コーチ Book コーポレート・コーチ

著者:伊藤 守
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキングへ
参加してます。クリックお願いします。

|
|

« 不安・期待・複雑・・・ | トップページ | 金曜日は良い気分(^^)v »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7403330

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「コーチングが人を活かす」:

« 不安・期待・複雑・・・ | トップページ | 金曜日は良い気分(^^)v »