« 今夜は友達と | トップページ | 昨日は楽しかった(^^♪ »

2007年8月15日 (水)

【読書】「座右の諭吉」

今回は、齋藤 孝 氏の著書「座右の諭吉」を読んでみました。

齋藤氏は、著書「声に出して読みたい日本語」などが有名な教育学の学者さんですね。
NHKの「にほんごであそぼ」の監修や3色ボールペンを使った読書術など、特徴ある活動をしている方です。

私も以前に、齋藤氏の著書「上機嫌の作法」を読み紹介したこともあります。

今回の「座右の諭吉」ですが、
内容としては、齋藤氏が共感を得るという「福沢諭吉」の処世術について、「福翁自伝」などを中心に内容を抜粋し、齋藤氏が解説をするという形式で書かれています。

「福沢諭吉」というと、1万円札、慶応大学、学問のススメ・・・くらいのイメージしかなくて、その人間像ってどんな人だったのかはよく知らなかったので、「へぇー」こんな人だったんだという新鮮な驚きを感じました。

読んだ感じからすると・・・
「福沢諭吉」って人は、一言で言うと「合理的でクールな人」ってことでしょうか。
目的を達成する為に何をするのが、ベストかという判断力に優れており、その為に自分の感情を冷静にコントロールできる・・・

齋藤氏は、こういった「福沢式処世術」にスゴく共感を覚えるようですが、私は、今ひとつでした。
ちょっと、クール過ぎて、逆に人間味のないイメージを持ちました。
まぁ、当の諭吉さんは、周囲にはけっしてクール過ぎると思われないような処世術も身につけていたようですが・・・

ビジネスなどで起業したい人には、面白い本かもしれません。

座右の諭吉 才能より決断 (光文社新書) Book 座右の諭吉 才能より決断 (光文社新書)

著者:齋藤 孝
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



人気blogランキングへ
参加してます。クリックお願いします。

|
|

« 今夜は友達と | トップページ | 昨日は楽しかった(^^♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7543896

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「座右の諭吉」:

« 今夜は友達と | トップページ | 昨日は楽しかった(^^♪ »