« 自分の「鬱」の場合(5) | トップページ | 日曜の夜は、ブルー・・・ »

2007年7月29日 (日)

【読書】「「わからないという」方法」

今回は、橋本 治氏の「「わからない」という方法」を読んでみました。

橋本氏の著作は、過去に2冊読んでいますが、
「「わからない」という方法」
「上司は思いつきでものをいう」
「乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない」
の3部作の最初にあたります。

私個人としては、
2冊目→3冊目→1冊目という順番で読んだことになります。

何かの本で読んだのですが、3部作というのは切りが良いらしいですね。
1冊目でテーマを見つけ、論理展開する。
2冊目で1冊目で書けなかったことを追加。
3冊目で今までをまとめる。
こんな感じになるそうです。

確かに、橋本 治氏の著書は、独特の視点と独特の論理展開をしますので、
(本人も書きながら書きたいことを書いていると自認してますが・・・)
結構、読んでいて、そっちに行くか?的な奇想天外な面白さがあるのです。
そんな3部作の一冊目ですから、コレが一番難解でした。

普通、「わからない」=「やらない」と行くところを、「わからない」=「だからやる」という考えを述べています。
これを述べる為に、「美術番組の取材」、「清少納言、紀貫之」などを登場させて、こういう事が「わからない」を方法とすることだ。と解説します。
らしいといえば、橋本氏らしいのですが、読んでいてピンとはなかなかこないですね。

ただ、体験主義と全体像を大まかに捉えるというやり方は、情報社会と言われる現在に生きる私達にとって、実は重要なことではないかな・・・

結構、「わかったつもり」って多いと思いますからね。
ココは反省し、見習いたいと思いました。

「わからない」という方法 Book 「わからない」という方法

著者:橋本 治
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキングへ
参加してます。クリックお願いします。

|
|

« 自分の「鬱」の場合(5) | トップページ | 日曜の夜は、ブルー・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7321052

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「「わからないという」方法」:

« 自分の「鬱」の場合(5) | トップページ | 日曜の夜は、ブルー・・・ »