« 土曜日の夜をまったりと過ごしています。。。 | トップページ | 自分の「鬱」の場合(1) »

2007年7月15日 (日)

【読書】「道は開ける」

今回は、D・カーネギー 氏の著書「道は開ける」を読んでみました。
原題は、「HOW TO STOP WORRYING AND START LIVING」です。

この本は、非常に有名でいつか読もうと思ってましたが、
今回、読む機会を得ました。

一言でいって、「良書」です。
この本では、様々な人が、「悩み」という人生最大かつ無益な問題をどのように解決してきたのかが、多くの例を紹介しています。

内容を読んでいくうちに、自分が悩んでいることがばかばかしく思えてきました。
私の「鬱」には、すごく効果があったようです。

心の残るいい言葉も数多くありました。

私自身は、キリスト教徒ではないので、神に祈ることで問題を解決したという部分はピンときませんでしたが、それ以外は、参考になりました。
書かれたのは数十年前なのですが、内容的には、現在でも十分有益と思います。
逆に言うと、人間は大して変わっていないということですね。

今回は、図書館で借りて読みましたが、今度、購入して手元に置いておきたいと思っています。合わせて、もう一つの代表作「人を動かす」も是非、読んでみたいと思います。

「鬱」の原因が、漠然とした将来への不安だったり、過去の出来事だったりと思う方は、一度、手にとってみると良いかも知れません。
人間は他人に何かを言われるより、本などで読んだ方が、同じ内容でも受け入れやすいと思っています。(この本では、こういった人間の心理に触れた部分もあります)

まぁ、私にとって、こういった本を読むのは、一種のセラピーになっています。


道は開ける 新装版 Book 道は開ける 新装版

著者:デール カーネギー,Dale Carnegie
販売元:創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


人気blogランキングへ
参加してます。クリックお願いします。

|
|

« 土曜日の夜をまったりと過ごしています。。。 | トップページ | 自分の「鬱」の場合(1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7149635

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「道は開ける」:

« 土曜日の夜をまったりと過ごしています。。。 | トップページ | 自分の「鬱」の場合(1) »