« 【読書】「乱世を生きる」 | トップページ | 【読書】「五輪書」 »

2007年6月22日 (金)

【読書】「インターネット的」

今回は、糸井 重里氏の著書「インターネット的」を読んでみました。

この本は、著者がインターネットのHPを開設して運営する中で感じたインターネットの可能性を論じた本です。
クリエイターがインターネットについて語ると、技術論ではなくて本質的な話しになるので、結構、新鮮な感じがしました。
特に後半で熱っぽく語られる「消費のクリエイティブ」という内容は、面白かったですね。自分も消費する側の一人として、クリエイティブじゃないなぁという思いになりました。
これからは、クリエイティブな消費も考えてみたいですね。

この本が書かれた当時と比べると、HPだけではなく、ブログも増えて更にインターネットのつながりは広がっているし、著者の活動場所も増えたってことですね。
さて、ネットとそれを使う人の可能性はどこまで広がるのか?

|
|

« 【読書】「乱世を生きる」 | トップページ | 【読書】「五輪書」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113602

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「インターネット的」:

« 【読書】「乱世を生きる」 | トップページ | 【読書】「五輪書」 »