« 【読書】「問題解決の交渉学」 | トップページ | 【読書】「若者はなぜ3年で辞めるのか?」 »

2007年5月16日 (水)

【読書】「上司は思いつきでものを言う」

今回は、橋本 治 氏の著書「上司は思いつきでものを言う」を読んでみました。

橋本氏は、作家の方ですね。
「桃尻娘」などが代表作です。

作家という職業の方が、会社のシステムを題材に本を書くというのは、
意外であるし、新しい視点があるのかなぁーという軽いノリで読んでみました。

内容としては、
「なぜ、思いつきでものを言う上司が存在するのか?」という視点を切り口に日本の会社システムの問題点を指摘していくという論理展開をします。

会社は会社を維持する為に大きくなり、上司のピラミッドも大きくなる。
この時に、現場と上司の間には、温度差が生まれ、対流が起こる。
「上からの命令」「下からの提案」
この狭間で、上司は思いつきでものを言うという漁場が出来る。

こういった、誰にでも経験があるような、ないような話を展開していきます。

で、結局、どうすればいいの・・・って思いますよね。
この本の結論としては、
「あきれてみせる」
という、究極の高度で知的な対応をする!
ということになっています。

まぁ、そういう方法も良いかなとは思うけど・・・
はっきり言って、実践向きじゃないというか、即効性はないよね。

まぁ、これはこれで良いかな・・・といった本です。
読み物としては、面白かったです(^^♪

|
|

« 【読書】「問題解決の交渉学」 | トップページ | 【読書】「若者はなぜ3年で辞めるのか?」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113587

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「上司は思いつきでものを言う」:

« 【読書】「問題解決の交渉学」 | トップページ | 【読書】「若者はなぜ3年で辞めるのか?」 »