« 【読書】「狂いのすすめ」 | トップページ | 【読書】「不運のすすめ」 »

2007年4月26日 (木)

【読書】「人生は負けたほうが勝っている」

今回は、山崎武也氏の著書「人生は負けたほうが勝っている」を読んでみました。

山崎氏は、ビジネスコンサルタントを主な生業とし、著作活動も行っている方です。

さて、内容についてですが・・・
正直、何とも弱気というか、少し卑屈な感じのするタイトルです。

ただし、決して卑屈な内容ではなく、すごく簡単にまとめるとしたら、「太く短くから細く長く、人生を生きよう」ということが書かれています。
様々なケースを取り上げながら、如何にして争い事に巻き込まれないようにするかを解説しています。

個人的には、うーん(ーー;)という感じですね。
確かに卑屈な感じで負けるわけではないのですが、やはり消極的というか・・・
少し自己中心的な消極性というか・・・
今ひとつ、すっきりしない感じで、共感を覚えませんでしたね。
自分には、この考え方は合わないようです。

でも、中にはいい言葉もありましたよ!

「主張すべきことと主張したいことを間違えない」
↑自分の場合、ココはズバッと核心を突かれた感じ。

「ない というおとは無限の可能性がある。これは持たざる者の強み」
確かに、何かを持つということは制約にもなる部分はありますね。

自分的には可も無く、不可もなくという感じの本でした。

|
|

« 【読書】「狂いのすすめ」 | トップページ | 【読書】「不運のすすめ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113572

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「人生は負けたほうが勝っている」:

« 【読書】「狂いのすすめ」 | トップページ | 【読書】「不運のすすめ」 »