« 【読書】「ほんとうは日本に憧れる中国人」 | トップページ | 【読書】「だから女性に嫌われる」 »

2007年4月 6日 (金)

【読書】「ああ、自己嫌悪」

今回は、勢古浩爾氏の著書「ああ、自己嫌悪」を読んでみました。

勢古氏は、世間では所謂「評論家」と呼ばれる肩書きをもった方です。
著書も多数出ており、「自分の力を信じる思想」「おやじ論」などがあるようです。

今回、この本を読んだのは・・・
タイトルにインパクトがあったからで、勢古氏の事は良く知りませんでした。
読んでみると・・・結構、話の展開が難しい・・・
こっちに行くと思うと、あれ?逆に行くっの?て感じで、一本線が通ってない。

まず、テーマである「自己嫌悪」ですが、
「自分を内省する良い機会であり、人間だからこそするもの」
「自己嫌悪することで自分の悪い所をなしにしてしまう自己欺瞞」
の両側面を述べてますが、そこの境界線が曖昧な感じ。
確かに両面はあるのですが、そこは着眼点の差だけ・・・?

でも、部分部分の言葉はスゴくいいことが書いてあって、引きつけられるんですよね。
不思議と・・・
色んな人を例に挙げて、この人はダメ。この人はスゴイ。
って、独自の視点から書きたいように書いている。
結構、読んでいて気持ち良いし、笑えました。(結構、毒舌)

で、この本の不思議というか・・・
最後の章だけは、きっちりまとまって書かれているんです。
多分、勢古氏の考えが最もまとまっている「人間の心」という章だからでしょうか?
ココはいいことが沢山書いてあります。
私自身はこの章から、やはり「知足」だなぁと改めて感じました。
あるがままに自分を見ることができれば、心は強くなると思いますから・・・

勢古氏の他の著書も是非読んでみようと思いました。

今は、ちょうど統一地方選だから・・・選挙カーがうるさいなぁ。
先生方(って肩書き取ったら「唯のおやじとおばさん」)がこの時ばかりは、謙っているなぁ・・・と著者も思っているのかな?

|
|

« 【読書】「ほんとうは日本に憧れる中国人」 | トップページ | 【読書】「だから女性に嫌われる」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113555

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「ああ、自己嫌悪」:

« 【読書】「ほんとうは日本に憧れる中国人」 | トップページ | 【読書】「だから女性に嫌われる」 »