« 【読書】「コーポレート・コーチ」 | トップページ | 【読書】「数字と人情」 »

2007年3月28日 (水)

【読書】「いい人生の生き方」

今回は、江口 克彦 氏の著書「いい人生の生き方」を読んでみました。

江口氏は、PHP研究所代表取締役社長であり、長年にわたり松下幸之助氏の元で仕事をされた方です。
内容を読むと、松下幸之助氏の影響を大きく受けているなぁと感じる部分が多くあります。

この本は、『「いい人生」は「普通に生きる」ことから生まれてくる』と前書きにあるように、意外と難しい「普通に生きる」為の心構えが書かれています。
静かで力強い口調で語りかけてくるような文章で、著者の強い信念・信条が文章からも伝わってくる一冊です。

内容的に自分の心に響いた言葉を紹介すると・・・

『運が強いとは、何事もプラスに解釈することだ』
確かにそうかも知れません。心に余裕がある時は、そう思えるのですが・・・

『比べるべきは他人ではなく、過去の自分自身にすればよい』
人はついつい虚勢を張ってしまう。それは、他人と比較するからであり、他人は無限にいるので、それではいつまでたっても幸福感は得られない。
だから、過去の自分と比較する。
うーん、これは響いた言葉ですね。自分は無駄にプライドが高いところがあるので、この言葉は目から鱗的な感じがしました。

この本には、こういった教訓が沢山書いてあります。
何か悩んだり、行き詰ったら、開いてみたい一冊です。
この本は、手元に置いて、繰り返し開き、一杯線を引きたくなる本ですね。

|
|

« 【読書】「コーポレート・コーチ」 | トップページ | 【読書】「数字と人情」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113548

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「いい人生の生き方」:

« 【読書】「コーポレート・コーチ」 | トップページ | 【読書】「数字と人情」 »