« 【読書】「いい人生の生き方」 | トップページ | 【読書】「ほんとうは日本に憧れる中国人」 »

2007年3月29日 (木)

【読書】「数字と人情」

今回は、清水佑三氏の著書「数字と人情」を読んでみました。

著者は、英国コンサルタントなどを経験し、現在は日本エス・エイチ・エル株式会社の代表取締役社長をしておられる方で、ビジネス関連の書籍等も複数書かれています。

この本では、数字と人情という側面から、著者の考え(経営論・人間論)を述べています。
はじめに、数字とは何かを効用と限界を例に挙げて説明し、数字に強いとはどういうことかを論じています。
会計や経理ができることではなく、数字から何を感じられるかが、数字に強い定義となっています。ギャンブルをやる人は、数字に強い部類の人間だという記述もありましたが、勝っている人は確かに数字に強い人ではないかなと思います。でも、多分、大多数は負けているので・・・単純にギャンブルをやるかどうかではない気がしますが・・・

その後で、人情について述べられていますが・・・
人情に関しては、かなり著者の思いが先行したのか、若干、まとまりを欠いている感じがして、少しポイントがボケてしまっているのが残念です。
ただ、書かれている内容は共感できる部分が多くありました。

要は、世の中で言われている成果主義とは、本来数値化できない人間を数値化し、それにより処遇を決めるシステムであり、このやり方では、ギスギスした人間関係の職場が出来上がり、結局、うまく行かない。
経営者とは、数字に強くかつ人情がある経営が出来て成功するということを述べています。
確かに・・・意気に感じて仕事をする機会って少なくなっているかも知れませんね。

あと、この本で印象的だったのは、マーケティングリサーチの胡散臭さを指摘した所で、確かにマーケティングって数字が出て説得力があるようで、意外と結果は違ったり・・・
なんて、経験ありませんか?
私は、結構、ココは読んでいて「そうそう」って感じでいたが・・・

あとは、ことわざに関しても、外国との比較を含めて論じているのですが、結構、この視点も面白いと思いました。

|
|

« 【読書】「いい人生の生き方」 | トップページ | 【読書】「ほんとうは日本に憧れる中国人」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113549

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「数字と人情」:

« 【読書】「いい人生の生き方」 | トップページ | 【読書】「ほんとうは日本に憧れる中国人」 »