« 【読書】「ウェブ進化論」 | トップページ | 【読書】「コーポレート・コーチ」 »

2007年3月26日 (月)

【読書】「リクルートのDNA」

今回は、江副浩正氏の「リクルートのDNA」を読んでみました。

元リクルート社長の江副氏は、ご存知の通り一連の「リクルート事件」で世間を賑わした方ですが、私自身はそういった負のイメージを強く持っていました。
ただ、逆にリクルートという高収益企業の創業者であり、その着眼点と手腕を高く評価する方も多いと聞いていましたので、新聞広告を見てすぐに書店で購入しました。

今回は、その江副氏がリクルートの創業当時からの成功や失敗談を交え、自身の考えを述べています。読んでいて非常に飾らない言葉で書かれており、江副氏の人柄の一端を感じさせます。自分が思っていたより、控えめで普通の方だなぁという印象です。

ベンチャーのパイオニア的な方なので、その考え方は非常に独創的かと思いましたが、逆に先輩方(松下幸之助氏、本田宗一郎氏、盛田和夫氏)などとの交流で学んだことや、一緒にリクルートを支えてきた仲間の意見をうまく咀嚼して自分の物にしていくという方法を取っています。
自分自身の能力で仕事を進めるというより、うまく周りの方を仲間に引き込んで行くといった感じです。
ですから、リクルートを辞めてから自ら起業する方が多い、自由闊達で企業家精神を持った人材が育つ環境が出来ているようです。
それが、リクルートのDNAということです。

この本を読んでいて、リクルートに入社した先輩を思い出しました。今は何をされているのかわかりませんが、当時、こういった組織風土が気に入ったと言っていたことを思い出しました。私は、就職時にそこまで考えてなかったなぁ・・・とちょっと、反省です。^_^;

起業に少しでも興味のある方は、読んでみたらいいのではないでしょうか?
何か刺激を受けると思います。

|
|

« 【読書】「ウェブ進化論」 | トップページ | 【読書】「コーポレート・コーチ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113546

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「リクルートのDNA」:

« 【読書】「ウェブ進化論」 | トップページ | 【読書】「コーポレート・コーチ」 »