« 【読書】「人は見た目が9割」 | トップページ | 【読書】「ガルシアへの手紙」 »

2007年2月28日 (水)

【読書】「いい言葉は、いい人生をつくる」

今回は、斎藤茂太氏の著書「いい言葉は、いい人生をつくる」を読んでみました。

斎藤氏は、自身が精神科の医師であるとともに、父が歌人でもある斎藤茂吉、また弟が作家の北杜夫という、すごい一家に生まれた方である。

この本は、斎藤氏が日頃からこれはいいとメモしている言葉を紹介しながら、普段、身近にありそうな話をたとえに
1.楽天発想
2.人間関係
3.エラーの逆転
4.潜在意識
5.お金とモノ
6.心身健康
と各6章で構成されている。

内容的には、さすがに人生の大先輩であり、数々の経験をされた方だなと思う内容で、時に厳しく、全体的に優しく語られている感じがする。
例えれば、自分の祖父の話を聞いている感じかな・・・
ちょっと、気持ちが落ち込んでいる時に読んでみると、解決のきっかけになるかも知れませんね。

この本で印象に残った言葉は・・・
「幸福の鍵は健康と健忘ね」-イングリット・バーグマン-
「人生に失敗がないと、人生を失敗する」-著者-
「トラブルが解決できなかった時は『解決不能』を答えに次に進もう」-著者-

特に最後の言葉は良いですね。コロンブスの卵的な発想ですね。
こういう余裕が心の底から持てたら、更に楽しい人生になる気がしますね。

|
|

« 【読書】「人は見た目が9割」 | トップページ | 【読書】「ガルシアへの手紙」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113532

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「いい言葉は、いい人生をつくる」:

« 【読書】「人は見た目が9割」 | トップページ | 【読書】「ガルシアへの手紙」 »