« 【読書】「いい言葉は、いい人生をつくる」 | トップページ | 【読書】「タイム シフティング」 »

2007年2月28日 (水)

【読書】「ガルシアへの手紙」

今回は、エルバート・ハバード氏の短編「ガルシアへの手紙」(ハイブロー武蔵氏 訳・解説)を読んでみました。

この「ガルシアへの手紙」は超有名ですので、読まれた方も多いと思います。
私は、某速聴CDに収録されていたものを時々、英語版、日本語版を聞いていて馴染みがあります。
読書を薦める著書の多い、ハイブロー武蔵氏の解説を読みたくて、今回は読んでみました。

内容的には、社会人としてのあるべき姿勢を書いてあり、もっともな内容だと思います。
また、自分の中にも反省すべき材料を見つける良い機会になると思います。
一年前の自分なら・・・多分、「絶賛」した内容ですが・・・最近は少し受け止め方が変わってきました。
内容的には「絶賛」するものの・・・
何かこうでなくてはならない・・・と言った感じの束縛感も感じました。
(本の中でロシア兵とガルシアの手紙の関係も書かれてますが・・・なんとなく、強制的な部分もあるかなぁ・・・)

自分としては、繰り返しガルシアの手紙を読んで、少しづつ、そういった意識を心のどこかに留めておけば良いのかな・・・と思いました。

|
|

« 【読書】「いい言葉は、いい人生をつくる」 | トップページ | 【読書】「タイム シフティング」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113533

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「ガルシアへの手紙」:

« 【読書】「いい言葉は、いい人生をつくる」 | トップページ | 【読書】「タイム シフティング」 »