« 【読書】「死の壁」 | トップページ | 【読書】「相性が悪い!」 »

2007年2月19日 (月)

【読書】「超バカの壁」

今回も養老孟司氏の著書、「超バカの壁」を読んでみました。
この本は、「バカの壁」「死の壁」に続く第3弾という位置付けですが・・・たぶん、このシリーズはこれで完結のようですね。(あとがきにこれ以上はいいだろう・・・ってあったので)

内容的には、「バカの壁」とは違ったテーマをやはり著者の視点で考察しています。
連続して読むと、少々飽きるというか、慣れるというか・・・そんな感じになってしまいました。
本としては面白いのですが・・・

結局、
この3部作を通しての著者のメッセージとしては、
「物事を一面からだけ見ない」
「物事を多角的に見て、どうするかは自分で決める」
「常識と思われていることにとらわれない」
ということに尽きるでしょう。(と私は思います)

確かに今の日本人は自分も含めて、マスコミ報道などに世論がすぐに動くように自分の考えを持てていない人が多いのかも知れませんね。

話はちょっと脱線しますが・・・
宮崎県の東国原知事。いいですね。やる気があって!
その副知事問題で、同じ知事選の対立候補を指名しようとして・・・
マスコミの「しがらみ報道」で結局流れてしまいましたが・・・
これも「壁」と思いました。自民党候補=「しがらみ」っていかにも短絡的!
本当に宮崎のことを考えたら、優秀な副知事は必要なはず。もったいない。
しがらみのない知事のはずが、マスコミって「しがらみ」にハマっている。
本当にもったいないぁと思いました。

|
|

« 【読書】「死の壁」 | トップページ | 【読書】「相性が悪い!」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113528

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「超バカの壁」:

« 【読書】「死の壁」 | トップページ | 【読書】「相性が悪い!」 »