« 【読書】「勉強力をみがく」を読んで | トップページ | 【読書】「競馬の人類学」 »

2007年1月23日 (火)

【読書】「上機嫌の作法」

明治大学教授、TVにもよく出演している齋藤 孝氏の書いた「上機嫌の作法」
(右側の★最近読んだ本★参照)を読んでみました。
この本は、面白いですよ!

「上機嫌」とは、最高のコミュニケーションツール。
「上機嫌」に叱る。とか、如何に「上機嫌」に自分を持っていくかのか?
著者曰く、「上機嫌を技化する」方法、考え方のノウハウ本ですね。

この本を読んでいて気がついたのですが・・・
自分も、なんか最近、口を一文字にして表情が固まっている・・・
「不機嫌モード」に知らず知らずになっている。
早速、ニコニコしてみたら、息子に「笑っているのは気持悪い」と言われて
しまいました。(>_<)(うーん、やっぱり不機嫌が板についているのかも・・・)

以前に読んだ「斎藤一人」さんの著書でも、同様な感じのことが書いて
ありましたが、不機嫌モードは自分にも周囲にも良くない。
一人さんは「困った事は起きていない」をキーワードにいつも
ニコニコされているそうですが、「上機嫌」も同じようなものでしょう。

ストレスの多い社会を生きる我々は「上機嫌」に生きられたら、
それが最高の幸せかも知れませんね。
ということで、本日は、兄弟喧嘩を叱る時にニコニコしながら叱ってみました。
なんか、いつもより収束が早かったような気がします。
効果あり!かなっ?

|
|

« 【読書】「勉強力をみがく」を読んで | トップページ | 【読書】「競馬の人類学」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431604/7113508

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】「上機嫌の作法」:

« 【読書】「勉強力をみがく」を読んで | トップページ | 【読書】「競馬の人類学」 »