« 【読書】「頭がいいとはどういうことか」 | トップページ | 【読書】「起業家の条件」 »

2007年1月30日 (火)

【読書】「バカの壁」

今回は養老孟司氏の「バカの壁」を読んでみました。
この本もベストセラーでマスコミでも頻繁に取り上げられていましたが、現代社会の問題点を色々な「壁」という多角的な角度で解説している本です。

問題が多岐に渡るので、全体像がぼやけてしまうところもあるようには思うのですが、「壁」を知ることで、物事を違った角度で検証できるということがわかりました。

昨今、企業や政治家の体質の問題等もよく見られますが、これもある「壁」に囲まれた、共同体の中だけで生きている人が起こした問題とも読み取れます。

自分自身の今を見つめるのには、良いきっかけになる一冊かもしれません。

|
|

« 【読書】「頭がいいとはどういうことか」 | トップページ | 【読書】「起業家の条件」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読書】「頭がいいとはどういうことか」 | トップページ | 【読書】「起業家の条件」 »